メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
ローマ人の物語 (1) ローマは一日にして成らず
Amazon価格: 2,484円 (2017年04月30日 17時56分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


tsato tsato 星3つ ロムルスによる王政ローマ建国から、共和政への移行、ピュロスを退けてタラントを平定してイタリア半島統一まで。 著者のローマへの肩入れが強すぎて、逆にローマの敵対勢力を応援したくなる不思議。
veruma veruma Kindle版が出ていたので懐かしさのあまり購入して、そのまま放置していたのを、トルコ旅行中に再読。昔、母が好きで毎年出るたびに単行本を購入していて、私も家を出るまでは読んでいたのだが、進学のために実家を出てからは読まなくなってそのままになっていた。今回は最後まで読めるかなあ。 初見のときの感想はもう思い出せないけど、大学時代の専攻が「古代史といえば主にギリシア」だったせいもあって、ローマって言うと何となく野暮ったくて堅苦しくて男くさいイメージがあった。そのイメージは今も変わらないが、働くようになっ...
emachi0822 emachi0822 星5つ 長らく積ん読になってた本。読み始めるとなかなかに面白くあっという間に読了。
tamekko tamekko 星5つ なんで今さら読み始めたのか、というと、こないだウィーンに行った時に、王宮の前にあったローマ時代の遺構を見て、ローマすげえな、と。ただ、ローマのことをほぼ何も知らないので、ならばこの機会にこの大河小説を読んでみようかな、と思ったわけです。1年に1冊で刊行されていたはずだけど、もう完結しているので、徐々に追いついていこうかな、と。まだ1冊めだけど、知らないローマが出てくるよ。ただの小さい都市国家から始まっているのね、ローマも。教科書の知識が強いから、「ローマと言えば神聖ローマ帝国」というイメージなの...
yohn12 yohn12 星3つ 1巻だからなのかちと読みづらい。名前がカタカナはつらい。ギリシアあたりの話は面白い
etrek7 etrek7 星4つ いよいよ「ローマ人の物語」を読み始める。「街道をゆく」と読み比べ。
sunjin_fuurai sunjin_fuurai ・ギリシャ文明の梗概(88-142) ・安定した三極構造(王政時代)から事実上の二極構造(共和制時代)への変容に伴う不安定化(145-149) ・BC494、平民のローマ退去(モンテサクロへの退去)⇒護民官の設置(149-150) ・「農地法」をめぐる対立 ・十人委員会の設置及び十二表法の制定(BC449)、153-156;マキャヴェリ【政略論】(1-35参照) ・ローマ貴族の支配基盤=クリエンテス(156-159)、貴族と平民の抗争は既存勢力対新興勢力という単純な図式では捉えられない。貴族とクリエンテスである平民の合体した勢力対(クリエンテス...
sugi2530054 sugi2530054 星4つ 人間の行動原則の正し手を、 宗教に求めたユダヤ人。 哲学に求めたギリシア人。 法律に求めたローマ人。
gymnopedie gymnopedie 星3つ 初期ローマ、王政が世襲ではなく、終身大統領制のように考えられていたのは何故なんでしょう。 それが地中海地方の文化だったのでしょうか。 エジプトでも、メソポタミアでも、東洋、後の欧州でも、王政=世襲です。 初代ロムルス王の死去後、ローマ市民からではなく、先祖伝来の地にとどまっていた晴耕雨読型の人物(ヌマ)を招聘したというエピソードが、興味深いです。 ギリシア史に関する部分もたいへん面白かったです。
kylie891 kylie891 星3つ とうとう読み始めてしまった。 当分は『ローマ人の物語』と付き合うことになる。 本巻ではロムルス、レムスのローマ建国に始まって、ローマのイタリア半島統一までを描く。 小説とは言い難いし、学術書とも違う。扱う範囲が広い本巻だけの話かも知れないが、ちょっと読み進めるのが辛い部分もあった。 それでも、これだけ古代ローマを彩る多様な人物や、エピソードの数々を並べられれば、やっぱり歴史が好きなら読み進めてしまうだろう。僕も例外じゃない。 また、昨日、読んだ阿刀田高の『新トロイア物語』が、伝説として語られて...
kamitomai kamitomai ローマ人の物語 1
mmdate99 mmdate99 星4つ 一度読んでみたかった長編の1冊目。 1つ1つの内容を分かりやすく砕いて説明している。 ローマの開放性が特徴とは、 世界史の授業では出てこなかった話だな。
izujun izujun ローマ暦って3月始まりだったのね?!なんで9月がSept(7)で10月Oct(8)がなのか長年の謎が解けた。長年の謎がとける感覚がものすごく味わえる。ローマとギリシアは母だと思う。
marinnotousan marinnotousan 2007.1.30 51刷
dkfj dkfj 星4つ 人生で一度は、読むべし
gerogerogegege gerogerogegege 何度蹂躙されてもゆっくりと、過去にも増して繁栄していくローマ
shigekit shigekit 星5つ ペリクレスの言葉が秀逸。学生時代に読もうとして挫折したと記憶していたが、今、読んでみるとはまった。なぜ??
kelo kelo 星5つ 今まで大作なので手を出さずに来たのだけど、一気に読むことに決めたシリーズ。 面白いな。早く次が読みたい。
yurenaissance yurenaissance 日本人なのになぜロ-マ人の話を読むのかと思い長い間敬遠していましたが読んでみるととても面白い。
t_chuchumi t_chuchumi 16年振りに再読。 第2章の後半からようやく波に乗れた。 開放性 ├宗教 ├政治システム └他民族・敗者
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist