メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
シャドー81 (新潮文庫)
Amazon価格: - 円 (2017年09月22日 08時03分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


mmiyamura mmiyamura 星5つ ウィッシュ これ、中学の時に一度読んで面白かったのでもう一度買って読んだのですがやっぱり面白かった。調べたら文芸春秋の海外ミステリ20世紀ベストテンの第三位とのこと。1975年に出版されての第三位なのでその面白さは推して知るべしと言ったところです。 カバーの絵も非常に綺麗なので手元に置いておこうと思います。
flatstone flatstone とにかく、夢中になった!!
sotsuka16 sotsuka16 星4つ もしろかった。
sanukin sanukin 星4つ 面白い小説には違いない。 ただ、特にこの話から得られる示唆はなく、純粋な娯楽読み物である。 それが普通と言われればそうだろうが、少し物足りない。 他はブログで
konnoe konnoe 星3つ 「PGA81便、貴旅客機はただいま乗っ取られたことを通告する。」 ロサンゼルスからハワイに向かう747ジャンボ旅客機が無線で驚くべく通告を受けた。たった今、この旅客機が乗っ取られたというのだ。ただし、犯人の姿は機内にはない。犯人は二百余名の人質と引き替えに、巨額の金塊を要求。政府や群、FBIを翻弄する! もっと個人の人物描写があれば、もっと面白かったのに。特にハイジャック犯達の。そっちの方が正体が明かされた時に、衝撃が大きかったと思うんだけど。私が人物描写を読み込めてなかっただけか…?最初の方は冗長な感...
plus1 plus1 ン十年ぶりにハヤカワ文庫で復刊され、話題となった航空冒険ミステリ。縁あって昔の新潮文庫を入手することができた。映像技術の進んだ現在なら、いろいろと弄り回して派手な航空アクションドラマに仕立て上げられてしまいそうな設定だが、原作は75年出版刊行。米軍最新鋭機といってもベトナム戦争当時のものである。推して知るべし、といったところでありながら色あせた気配を感じさせないのは、この作品がハードに全く寄りかかっていないからだ。「太陽がいっぱい」のアラン・ドロンばりの周到な準備。管制官、ハイジャック機パイロ...
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist