メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
日はまた昇る (新潮文庫)
Amazon価格: 724円 (2017年03月27日 07時52分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


araki0063 araki0063 放送大学講座「世界文学への招待」第8回紹介文献
bluesmantaka bluesmantaka ブックオフで買った僕にとってのヘミングウェイ3冊目。 1926年に世に出た物語だから今から90年も前ということになる。戦間期(もちろん出版されたときはただの戦後だった)におけるヨーロッパの若者たちが描かれる。90年後から見ても自由すぎるし乱れているしお酒飲みすぎだと思うけど、ヨーロッパの一部(地域ではなく階層)はずっとこんな感じだったのかもしれないなあなんて勝手に想像しながら読んだ。むかし読んだ岡本太郎の自伝によれば彼はこのちょっと後にパリで暮らしていたはずだから、そこで描かれたヨーロッパも僕の頭の中...
stephn stephn 訳:高見浩、原書名:THE SUN ALSO RISES(Hemingway,Ernest)
tizuru tizuru 文庫本 933/ヘ
hkwhale hkwhale 9784102100134
kjmtky kjmtky 星5つ 6 ・野間口有 ・Peter Boxall 1001 Books ・宮川光治(最高裁判所判事) ・青木淳悟(考える人2008春:海外の長篇小説ベスト100) ・内田樹(考える人2008春:海外の長篇小説ベスト100):食欲小説 ・浦田憲治(考える人2008春:海外の長篇小説ベスト100)
boogie boogie 日はまた昇る
mindrefugee mindrefugee 星5つ 眩しい太陽。スペインの闘牛。 私はこの小説の雰囲気が大好きだ。
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist