メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
老人と海 (新潮文庫)
Amazon価格: 464円 (2017年03月26日 10時30分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


kjmtky kjmtky 星5つ 8 ・半井新太(honcierge2017/1):傑作ハードボイルド小説おすすめランキングベスト10.10位 ・尾崎花絵(honcierge2017/1):アメリカ文学おすすめ代表作5選!傑作だけ集めました。. ・樋口裕一「名著の読書術」(2015/12) ・ノルウェー・ブック・クラブ史上最高の本ベスト100 ・Pulp Literature★★★★★ ・Peter Boxall 1001 Books ・日垣隆「つながる読書術」:読まずに死ねない厳選100冊の本.福田恆存の解説は必読。 ・英アマゾン編集者選定「一生のうちに読むべき100冊」(2014-05-11)
stephn stephn 原書名:The old man and the sea
momochi01 momochi01 星5つ 「あの子がいたら」繰り返されるこの老人の言葉には老いた身体ひとり過酷な海で闘う慄き、でも胸を張らにゃいかんという引き攣る左手を叱咤する意地、そんな年老いたものが胸に持つ弱さと強さがせめぎあっているようで切なかった。 鮫にやられた獲物の姿から見えるものは、報われない努力のやるせなさではない。帰路についた老人を泣いて迎えるあの子がいるかぎり、骨と皮だけになったとしても、みっしりと熱が詰まった何かを年若い少年に伝えたことだろう。
mstk mstk メモあり。 [続きを読む]
asaka asaka 日はまた昇るでは「抽象画」のようだと感じたヘミングウェイの作品 「老人と海」ではまた違った印象を抱いた 経験はそれなりに豊かだけど体力の衰えた老人 サンチャゴおじいちゃんが いつものように小さな舟でたった一人海に漕ぎ出す 魚が一匹もつれない日が74日続いた、今日がちょうど75日目 それから三日三晩・・・私もおじいちゃんと一緒に海の上で ドキドキしたり魚と格闘して苦しんだりしながら 読んでいたよ 街の灯火が見えたときは涙が出るような喜びを感じた 誇り高きハバナの老人に、人間の尊厳を見た この本も実家の書庫...
nagaitat nagaitat 星5つ キューバの老漁夫サンチャゴは、長い不漁にもめげず、小舟に乗り、たった一人で出漁する。残りわずかな餌に想像を絶する巨大なカジキマグロがかかった。4日にわたる死闘ののち老人は勝ったが、帰途サメに襲われ、舟にくくりつけた獲物はみるみる食いちぎられてゆく……。徹底した外面描写を用い、大魚を相手に雄々しく闘う老人の姿を通して自然の厳粛さと人間の勇気を謳う名作。
miyuredtail miyuredtail 星5つ 訳者あとがきを大変興味深く読ませていただきました。
logichild logichild 星3つ 文章の視点が独特で、これが有名な理由かなと思った。
toozy119 toozy119 星4つ 少し暗い。でも描写が細かい、引き込まれるほどではないが、一晩のことを、なんというかうまく表している。じとじと。ぐるぐる。うずをまくかんじ
yuao yuao 漁師である老人と、魚との格闘。
hodoboh hodoboh 老人と海 静かなかっこよさ 親近感を感じる「伝説」
magokushi magokushi アマゾン オールタイム・ベスト100
yunbo2k yunbo2k 2011/8/11
ema-rute1208 ema-rute1208 星2つ 時々、臨場感を感じて盛り上がりそうになるが、でも上がりきれない。 ずっと海に漂っているから時間に区切りはないんだろうが、なんかダラダラと続く文章に少し退屈でもあった。 ストーリー自体は嫌いじゃないけど読みづらいです。
doniru doniru もちろん有名な本なんだが、今までどんな内容か知ることもなく読むことができた。 腕はいいが、長い間、運に見放されていた老人と大きなメカジキとの長い闘い。 いつだって新しい日だという言葉が心に沁みた。
majinosen majinosen 解説が面白いらしい
tizuru tizuru 文庫本 933/ヘ 訳者の福田恆存さんの巻末解説を読んでかなりびっくりしました。こんなにすごい解説があるのかと。『つながる読書術』より
sumomo-no-ko sumomo-no-ko 星2つ 独りで海に出た老人がとても大きな魚と格闘する姿を描いた物語。 老人の生き様や孤独がメインテーマなのだろうが、何に感動したら良いかがわからなかった。自分が読み解けてないのかもしれない。また何年後かに読み直してみたい。
コミックレンタル
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist