メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
城 (新潮文庫)
Amazon価格: 907円 (2017年06月25日 19時35分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


ohba_kanari ohba_kanari 星5つ 【あらすじ】 測量師のKは深い雪の中に横たわる村に到着するが、仕事を依頼された城の伯爵家からは何の連絡もない。村での生活が始まると、村長に翻弄されたり、正体不明の助手をつけられたり、はては宿屋の酒場で働く女性と同棲する羽目に陥る。しかし、神秘的な“城”は外来者Kに対して永遠にその門を開こうとしない…。職業が人間の唯一の存在形式となった現代人の疎外された姿を抉り出す。
raka raka 二度挑戦して二度断念
marshmallow marshmallow 前田敬作 訳
togusa03 togusa03 登場人物 K フリーダ(女性)
kjmtky kjmtky 星5つ 9 ・ノルウェー・ブック・クラブ史上最高の本ベスト100 ・Peter Boxall 1001 Books ・小池昌代(考える人2008春):世界の根幹にさわったと感じ、しびれるような戦慄を覚えた ・池内紀(考える人2008春:海外の長篇小説ベスト100) ・磯崎憲一郎(考える人2008春:海外の長篇小説ベスト100) ・浦田憲治(考える人2008春:海外の長篇小説ベスト100) ・齋藤孝「古典力」 ・篠田一士『二十世紀の十大小説』 ・川辺素(honcierge2015.08.21)
stephn stephn 原書名:Das Schloss 著者:フランツ・カフカ(Kafka, Franz, 1883-1924、チェコ・プラハ、小説家) 訳者:前田敬作(1921-2003、大阪、ドイツ文学者)
nagaitat nagaitat 測量師のKは深い雪の中に横たわる村に到着するが、仕事を依頼された城の伯爵家からは何の連絡もない。村での生活が始まると、村長に翻弄されたり、正体不明の助手をつけられたり、はては宿屋の酒場で働く女性と同棲する羽目に陥る。しかし、神秘的な“城”は外来者Kに対して永遠にその門を開こうとしない…。職業が人間の唯一の存在形式となった現代人の疎外された姿を抉り出す。
s00281mk s00281mk 読書
mstk mstk メモあり。 [続きを読む]
0_mskz 0_mskz 
sazanami-jp sazanami-jp 日経ビジネスオンライン「生きるための古典 ~No classics, No life!」by岡 敦 から 2013年4月4日 読書開始 2013年5月4日 読了
yang-mm yang-mm 星3つ 他のカフカ作品に負けないくらいよくわからない物語。カフカ自身の背景を知っていて読むのであれば意義は通じるのかもしれないが、有名だから、で読むには敷居が高すぎる。あとがきに書いてあるこの本の結末には異論が残る。自分はそう読み取れなかったので、そこでそう判断したのかが気になる。訳者だから原文を読んで「そういうニュアンスで書かれていた」というのならそういうニュアンスで訳してほしいと思う。これでは読者と訳者の間に溝が生まれてなんとも消化不良な気分が残ってしまう。作品自体はカフカの生い立ちを知っていれ...
akiramor akiramor 星5つ 積年積読リストより。大学生ぐらいで最初に読んでおくべき本を読んでいないことが多々あるが、遅ればせながらでも読んでよかった。よい読書による刺激は、読み進むうちに脳を何かでかき混ぜられたような感じがする。コンテクストのこと、届かない手紙的なこと、隠喩のようなそうでないような言葉たち、表明したことが事実になっていく世界のあり方……100年古びないものへの敬意があふれてくる。まだ僕にはほんの一部しか感じることができていないので要再読。
bundokimodoki bundokimodoki 特に読みたいわけではなかったが、なぜか読み始める。まあ、積み本消化の一環。酒場の女主人フリーダが登場してから、すけべぇでドタバタした話になって、カフカにしては明るくて笑える。このトーンのまま行くわけはないがな。 メモ。宿屋の女将ガルデーナが人生と折り合いをつけることを可能にしている三つの品。クラムのくれた写真・ショール・ナイトキャップ。
buzo_k_k buzo_k_k 星4つ 毎回当然のようなバカらしくなるが当然のように読み終える
buzo_k_k buzo_k_k 星4つ 未完だった。 現代
multiple multiple    絶対に間違っていない機構を持つにはどうしたらよいのか。答えは簡単で,制度を疑わず,全てを受け入れるだけでよい。それで平和裏に,十分満足できる生活を送る事が出来るのであれば,誰も文句を言わない。    主人公はそんな体制の十全に布かれた「城」に雇われた。私たちが住んでいるのと同じく,『絶対』に正しいものなど存在しない事が前提である環境から「城」に飛び込んだ彼は,自らの扱いに不条理を感じる。しかしその不条理がルール。    郷に入っては郷に従えとはよく言ったもので,さもなくば立ち去らねばならない...
poetno20 poetno20 残り150ページくらいになったころから急に引き込まれた。 右も左もわからぬ状況で翻弄される主人公という枠組みは変身と同じ。ただ、こっちの方が現在の社会には当てはまる部分の多い気がした。
boogie boogie 城 (新潮文庫)
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist