メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
変身 (新潮文庫)
Amazon価格: 346円 (2017年08月24日 19時29分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


muraken muraken 星4つ フランツ・カフカの代表作です。 ある朝、起きたら虫になっていたグレーゴルとその家族の物語です。 非常に突飛な設定の小説ですが、読む人によって幅広い解釈が可能な話だと感じました。 それぞれを想い、それぞれが良かれと思って過ごしている家族ですら、なかなか思うようにならないのが現実です。 そんな中、自分が虫になってしまうという不測の事態に見舞われつつも、家族を想い良かれと思う行動をとる主人公。 しかし、意志の疎通が量れず、状況は好転せず悪化していきます。 主人公にとっては不幸な状況になるものの、残され...
straora straora 星1つ <DIE VERWANDLUNG>    カバー装幀/緒方修一
ohba_kanari ohba_kanari 星5つ 【あらすじ】 ある朝、気がかりな夢から目をさますと、自分が一匹の巨大な虫に変わっているのを発見する男グレーゴル・ザムザ。なぜ、こんな異常な事態になってしまったのか……。謎は究明されぬまま、ふだんと変わらない、ありふれた日常がすぎていく。事実のみを冷静につたえる、まるでレポートのような文体が読者に与えた衝撃は、様ざまな解釈を呼び起こした。海外文学最高傑作のひとつ。
fukurow fukurow 星3つ 
sakayume sakayume 名作古典ですが、読了感が悪すぎたので★少な目。 面白かったけど。 何の理由も前触れもなく理不尽に、気持ち悪い虫の姿に変身してしまう主人公。家族は、虫が「もとは自分である」ということに気がつきながらも敵意を抱き、迫害する。 様々な視点から見るべきお話。 あまりにも救われない主人公と、未来を見出して終わる家族に、少なくともすっきりした読み終わりはしない。ただ、名作と言われる古典である意味だけがなんとなくもやりと残って、読んだ後も時々、主人公や妹の言葉がふと頭に舞い降りてきたりする。 必ずしも家族や周...
bayerischecreme bayerischecreme 星4つ 疎外される者,疎外する者。青空文庫で読了。
bjt96660 bjt96660 1912/1915年。 ある朝、気がかりな夢から目をさますと、自分が一匹の巨大な虫に変わっているのを発見する男グレーゴル・ザムザ。なぜ、こんな異常な事態になってしまったのか……。謎は究明されぬまま、ふだんと変わらない、ありふれた日常がすぎていく。事実のみを冷静につたえる、まるでレポートのような文体が読者に与えた衝撃は、様ざまな解釈を呼び起こした。海外文学最高傑作のひとつ。
nagaitat nagaitat ある朝、気がかりな夢から目をさますと、自分が一匹の巨大な虫に変わっているのを発見する男グレーゴル・ザムザ。なぜ、こんな異常な事態になってしまったのか…。謎は究明されぬまま、ふだんと変わらない、ありふれた日常がすぎていく。事実のみを冷静につたえる、まるでレポートのような文体が読者に与えた衝撃は、様ざまな解釈を呼び起こした。海外文学最高傑作のひとつ。
0_mskz 0_mskz 
kodama kodama 星5つ この『変身』の「巨大な褐色の虫」は何の象徴であろうか。答えは無数にあるようだ。そしてどの答えも答えらしくは見えぬ。けだし文学とは、それ自身がすでに答えなのであるから。 という訳者の解説が それをいったらおしまいよなぐう正論 作者や訳者と他の読者がどう思っていたかはそれぞれだが 登場人物の構成、喜劇調の下宿人たちの描写とその終わりかたから 家族と隠者のお話のように読んだ 結婚しては文学はできぬという作者の思いもそういう感じ
yunbo2k yunbo2k 2011/8/15
masamu_77 masamu_77 星4つ 仕事いやいやひきこもりで妹を溺愛するお兄ちゃんのお話。尋常じゃないのは姿かたちが恐ろしい虫になってしまうこと。その虫になった兄へ対する妹の行動がまあヒドイ。兄が何をたべるのか実験してみたり、たべのこしを箒で掃いてかたづけたり。痛々しいことに、これら行動をすべて妹の善意だと好意的にとらえる兄・・・結局最後は完全に切り捨てられてしまう。しかし最も恐るべきは、一世紀前の作品にもかかわず、現代社会でも現役で通用してしまうところなのかも。
ettinger ettinger 星3つ 終始抑揚の無い描写。
nishio_tsutomu nishio_tsutomu 星4つ 2012,19 設定がすごすぎるなかで、なにかを象徴するグレーゴル。 悲しさが溢れてる。
astrobot astrobot 星5つ 自分の人生の価値について考えさせられた。自分の価値とは、結局は自分によって付加されただけの幻想に過ぎないのではないかという疑問を胸に抱いた。家族を支えるためには自分がいなくてはならないという自負と、自分がいなくなったことで家族が幸せを手にしたという皮肉との対比が強く胸に刺さった。でもそれならそれでもいいではないか。自分の価値を疑い自殺を選ぶ人が多い昨今ではあるが、そんな人達に対して「自分の価値だなんて自惚れるな。そんなものあったって結局はないようなもの。自分の自己満足のためだけに、必死に生き...
cicada cicada きっといろんな解釈ができるはなしに違いない。 自分はカフカを読むにはほんとにまだまだ足りないなあと思う。 でも大学生のうちに読みたい。 なんとなく。 そしたら、ああ、こういうことを含んでいたのかなって気が付く時があるかもしれないじゃないか。
kuroroto kuroroto 読書メーター
ganesh ganesh 小学生の娘の希望で購入。公文で出てきたらしい。
zeku zeku 9.7841E+12
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist