メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
ア・ルース・ボーイ (新潮文庫)
Amazon価格: - 円 (2017年07月25日 03時44分 時点)
佐伯 一麦
新潮社 (1994-05-30)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


bartleby bartleby 星3つ まず。 「ぼくは十七。」ではじまる冒頭。 すぐその後のページでさっそく「ぼくは、今年になってからはまだ充分に身体に馴染んでいない熱気と光の横溢に目を細める。」とある。 果たして、十七歳が「横溢に目を細め」ちゃったりするだろうか? おなじく冒頭のページの「ぼくは、チッと、舌打ちをし」というのも、いかにもオッサンくさい。わざとじゃないっぽいし、いきなり出鼻をくじかれる。 進学校をドロップアウトした少年が、少女とその子供の父親になるべく、ひたむきに働くお話。キーワードは過去のトラウマ。少年はトラウマ...
thunderbolt thunderbolt 星4つ 17歳 この年齢は、10代の中でも大きなポイントなのかもしれない。 数多くの書物で、この年齢を題材にしたものがある。 盛んな時期で、物事にぶつかり、自分自身が何者なのか、よく見えなくなり、周りと自分を比較して 変に大人びて、変にあせって・・ それが青春問わえれれば、そうなのかもしれないが・・・ 物語は、仙台が舞台 仙台の進学校に通う少年が高校を退学 中学校時代の彼女で女子高に通っていた少女が結婚しないまま、子供を出産する。 2人は、共同生活をはじめ、少年は必死に働きながら、目の前の現実と向かい合いながら...
tamagomeshi tamagomeshi 星4つ loose〔lu:s〕a.(1)緩んだ.(2)ずさんな.(3)だらしのない.…(5)自由な.―英語教師が押した烙印はむしろ少年に生きる勇気を与えた。県下有数の進学校を中退した少年と出産して女子校を退学した少女と生後間もない赤ん坊。三人の暮らしは危うく脆弱なものにみえたが、それは決してママゴトなどではなく、生きることを必死に全うしようとする崇高な人間の営みであった。三島賞受賞。 さわやか。 でも、肉体労働ってそんなにうまくいくもんでないぞ。
satoshi-z_library satoshi-z_library 解説:山田 詠美 / 三島由紀夫賞 内容(「BOOK」データベースより) loose〔lu:s〕a.(1)緩んだ.(2)ずさんな.(3)だらしのない.…(5)自由な.―英語教師が押した烙印はむしろ少年に生きる勇気を与えた。県下有数の進学校を中退した少年と出産して女子校を退学した少女と生後間もない赤ん坊。三人の暮らしは危うく脆弱なものにみえたが、それは決してママゴトなどではなく、生きることを必死に全うしようとする崇高な人間の営みであった。三島賞受賞。
rocketman3 rocketman3 星3つ 非常によい小説であると思うのだが、これを読んだときに自分が求めていたものとはちょっと違ってしまっていて、感動するところまではいかなかった。
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist