メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
アメリカ型成功者の物語―ゴールドラッシュとシリコンバレー (新潮文庫)
Amazon価格: - 円 (2017年11月18日 08時15分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


rb1958 rb1958 星4つ これから何を目指せばいいかについて示唆
kjmtky kjmtky ・水野誠一「否常識のススメ」(2015年6月)
eniac eniac ○ →
ryokichit ryokichit 星2つ 結論はありきたりかな
sickboy sickboy 星5つ ウィッシュ 今のWeb業界・IT業界を見るとアメリカの企業発信のサービス、システム、イノベーションが大きな価値を提供してる。びっくりするようなイノベーションはいつもあの国からだ。なぜそうなのかを学ぶことが出来ればと思い購入通読 読んでみると、19世紀のゴールドラッシュというものがどういうものか、ゴールドラッシュで利益を得たものの中の一人スタンフォードがどのように次の世代に対して思いを伝えたのか、その土壌を受け取った次の世代のものが、現在のITの革新をどのように構築してきたのかを記載してくれている。面白かったのは...
shikione shikione 上司RECOMMEND本。 ゴールドラッシュ【過去】とシリコンバレー企業の躍進【現在】の共通点を解説しながら、この2つのイベントにおける失敗と成功の条件や成功者の思考、行動を解説している本。 上記の2つの歴史は深く関係していて、面白い。 ・1848年、カリフォルニア(西海岸)で金が見つかる【ゴールドラッシュ】 ・当時の西海岸は辺境と土地→東海岸と西海岸を結ぶ交通手段が必要 ・リーランド・スタンフォードの大陸横断鉄道建設 ・大金持ちになったリーランド・スタンフォードがカリフォルニアにスタンフォード大学を設立 ・現...
yamabug yamabug 星3つ 名著。150年前にカリフォルニアであった「ゴールドラッシュ」とシリコンバレーのITベンチャーの成功の共通点を描きだし、その上で、共通する理由に、ゴールドラッシュの成功者、鉄道王のスタンフォードが大学をつくって、その遺伝子が受け継がれたことだということを鮮やかに、証明してみせている。個々の事象は知っていた部分もあるけれど、このような構図になっていたのは、目からウロコだった。 手に汗握る歴史小説としての面白さと、ビジネスに対する考え方を学べる教科書の機能が共存している。ビジネスパーソン、IT関係者は必読...
naga-d naga-d 星5つ サンクコストにとらわれる 皆と同じことをする この二つは避けねばならない。
yakumosora yakumosora ウィッシュ http://serv.lib.meiji.ac.jp/webopac/ctlsrh.do?listcnt=5&maxcnt=100&bibid=BB00480636 https://www.library.city.suginami.tokyo.jp/TOSHOW/asp/WwShousai.aspx?FCode=1827883
nyankoteacher nyankoteacher 1世紀半前のゴールドラッシュと、現代のシリコンバレーを合わせ鏡にして、アメリカ西部に息づくベンチャー精神の源流を描く。一方、ハーバードやエールとスタンフォードの違いも紹介。スタンフォード大学がアメリカに与えた影響は大きいと説く。
hirokichi hirokichi 星4つ 非常に面白く読んだ。 ゴールドラッシュの時代と現在のシリコンバレーをつなぐ物語。この物語を読むと、まだまだアメリカの底力を感じるのだ。 IT関係の主要な要素は、シリコンバレー、スタンフォード大学周辺で生まれ、そして巨大なビジネスへと成長したのだ。 ゴールドラッシュで成功した者は、金の発見者でもなければ、金を採掘した人々でもない。西海岸に集まった人々が必要としたものを提供した者が、その成功者となったのだ。人々が必要とするものをクリエートし提供する環境を整えることが成功の鍵なのである
>
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist