メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
不毛地帯 第5巻 (新潮文庫 や 5-44)
Amazon価格: 907円 (2017年06月29日 23時18分 時点)
山崎 豊子
新潮社 (2009-03-17)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


sakurapapa sakurapapa 星5つ 白い巨塔、沈まぬ太陽、華麗なる一族に続いて読んだ山崎豊子さんの不毛地帯。 シベリア抑留、アメリカ自動車、イラン石油と、スケールの大きな舞台で、膨大な取材や調査による具体的な描写。人間の極限の心理や行動を描く。最高作品の一つ。
toshi1108 toshi1108 発行日等  発行日:2009.6.5 3刷(初版2009.3.15)  体裁: 592頁 全5冊  著訳者:  あとがき:1978.8「シベリアの白い不毛地帯」で始まり、「石油開発の赤い不毛地帯」で終わるという構想で取りかかった 取材377名  単行本等:1976.6~1978.9新潮社全4巻、1983.11~12新潮文庫全4冊  解説:1983.11.14権田萬治 現代の国際商戦もまた「不毛地帯」だった 目次・コメント シベリア抑留から昭和31年1956帰還した大本営参謀 壱岐正(モデル瀬島龍三) 近畿商事(モデル伊藤忠商事)での<商戦>の世界へ 石油開発を最後の仕事と思...
bigwave18 bigwave18 石油が出るかはドキドキした。
achi achi 星5つ 実に面白かった
sinn356f sinn356f PRESIDENT 2007年9月3日号 セーレン社長 川田達男 まだ課長だった40歳前後に出合った本です。 特に前半部分、シベリア抑留の描写には、鬼気迫るものがあります。 当時は会社の状態も自分自身も本当につらい時期でした。今の自分はシベリア抑留に比べればはるかにまし、と自らを鼓舞したものです。 主人公は吹雪の中、強制労働に従事させられ、仲間はばたばたと倒れていく――。生き延びて帰国してからは、ビジネスの「戦争」に挑んでいきます。 最近「厳しさ」というものが世間に欠けているように思います。厳しさに耐えればいいこ...
koooji koooji 5巻読了!この面白さ、半沢どころやない!
kuroki2011 kuroki2011 星4つ 壱岐正があらゆる困難を乗り越えていく姿は、著者の考える男の美学なのだろうな。 たとえ倫理的に正しくないであろう行動をとったとしても。 ”マネジメント”という意味でも参考になったなぁ。 社長のワンマン経営から組織化へ。
emkkensatsuki emkkensatsuki 9784101104447
shinobu1972 shinobu1972 星5つ ブックオフで購入 単独での入札に国賊と罵られても、食らいつく壱岐。ついに一番札を勝ち取るとともに、ライバルの里井を社外に追いやり、副社長として社内に磐石の体制んひく。 ついに石油が出るが、そのとき大門は綿花相場が抜き差しならぬ状況になっており、壱岐は勇退を進める。大門も最後には受け入れ、壱岐自身も退任し、朔風会の世話役をかい、再びシベリアへ戦友の墓参にいく。
kosazi kosazi 星5つ 瀬島龍三
lotsu lotsu 星5つ 大地の子、沈む太陽、不毛地帯と続けて読んで見て、ビジネスと最も関連深い点で最も好きな作品かもと感じました。ただし沈む太陽の御巣鷹山編は通勤中に何度泣いたことか、、、
glucks glucks 星4つ 石油をめぐって繰り広げられる政界工作、そして石油掘削現場の描写。リアルすぎる。壱岐のまっこと男らしい生き方にも感動する。
tcha111k000 tcha111k000 星4つ 不毛地帯3~5巻を一気読み。 10時間くらいかかった。。。 商社って大変そうだな。
spock0106 spock0106 星5つ サルベスタン鉱区落札、採掘。長さを感じさせず、一気に読んだ。やっぱり豊子はよい!
mm-coma mm-coma 星4つ 5冊も読み終える日が来るのだろうか・・・と思っていたけど、とうとう読了。3巻以降は特に早かった。 “商社”というところの仕事をまったく知らなかった私にとっては、最初から最後まで驚くような内容ばかり。商社・政界・財界のつながりなど、「そんなふうになっていたのかー」と感心してみたり。これじゃ本の感想にはなってないですね^^;男の人は、こうやっていつも戦場にいるのだと突きつけられた思いです。戦後○○年と言っても、当事者にはそれが大きなしこりとなっていつまでも残る、それが戦争。壹岐もどこにいてどんな仕事をし...
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist