メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
武蔵野夫人 (新潮文庫)
Amazon価格: 562円 (2017年05月23日 19時36分 時点)
大岡 昇平
新潮社 (1953-06-09)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


satoshi-z_library satoshi-z_library 解説:神西 清 内容 貞淑で、古風で、武蔵野の精のようなやさしい魂を持った人妻道子と、ビルマから復員してきた従弟の勉との間に芽生えた悲劇的な愛。――欅や樫の樹の多い静かなたたずまいの武蔵野を舞台に、姦通・虚栄・欲望などをめぐる錯綜した心理模様を描く。スタンダールやラディゲなどに学んだフランス心理小説の手法を、日本の文学風土のなかで試みた、著者の初期代表作のひとつである。
toshi1108 toshi1108 2005.10.25 改版74刷 解説:神西清 武蔵小金井駅徒歩15分の「はけ」「野川」 武蔵野夫人秋山道子と復員者勉 貞淑・虚栄・欲望の心理
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist