メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
職業としての小説家 (新潮文庫)
Amazon価格: 680円 (2017年04月30日 14時07分 時点)
村上 春樹
新潮社 (2016-09-28)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


mindrefugee mindrefugee 星5つ プログラムを書くことは、小説と似ているかもしれない。ま、それは無いか。
syamagu1966 syamagu1966 「村上春樹の語る「村上春樹」。小説を書き続ける情熱とその軌跡を語りつくす。」(帯から) 村上春樹が作家になる”啓示”を得たのは、神宮球場の外野席で六大学野球をボーッと観ている時と思い込んでいたが、ヤクルトー広島戦だったとは。
5cchi 5cchi 星3つ 持って生まれた才能や本人が言っている以上の努力はもちろんあるのだろうけど、 自分が作り上げていた像よりは普通の人なんだと思った。 自分も自分なりに頑張れば、目標とするところに達することもできるのではないかと 感じた。
yoko-san yoko-san 星4つ 著者のエッセイにありがちな斜に構えるというか、はにかんだ感じが少なく、直球的な内容が多い印象。批評家からの批判に反発しての海外移住とか、小説の幅を広げるための主語の変化、とか。独特の文体が、デビュー作の試行錯誤のなかで、英語で書き、そのリズムを活かして日本語化することでできた、ということも初めて知った。毎年ノーベル賞で騒がれるが、もうやめてあげれば…。受賞したら祝えば良いだけなので。
iketani2412 iketani2412  小説を書く――あるいは物語を語る――という行為はかなりの低速、ロー・ギアで行われる作業だからです。実感的に言えば、歩くよりはいくらか速いかもしれないけど、自転車で行くよりは遅い、というくらいのスピードです。 p22 英語にエピファニー(Epiphany)という言葉があります。日本語に訳せば「本質の突然の顕現」「直感的な真実把握」というようなむずかしいことになります。平たく言えば、「ある日突然何かが目の前にさっと現れて、それによってものごとの様相が一変してしまう」という感じです。 p48 僕はそのいわば「すか...
togusa03 togusa03 星5つ 基礎体力。このことは、あらゆることに通づる。 批評家への不信。 沼野充義推薦
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist