メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
空母いぶき 2 (ビッグコミックス)
Amazon価格: 596円 (2017年03月27日 21時31分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


wasin wasin 星5つ 戦争反対は、いうべき相手が違う
y-kikuchi y-kikuchi 星4つ 沖縄与那国島が中国の制圧下に入った。 敵国の一部が起こしたクーデターなのか?国家の意思なのか? この状況下で我が国は的確な判断ができるほどの情報を持ちえるのか?
umi_ umi_ 星3つ いやいやいや。偶発的な艦船同士や航空機同士の衝突ならともかく、大隊規模の上陸部隊が住民が居住し、自衛隊が駐留している離島(複数)に上陸し、占拠したことが確認されても、防衛出動どころか、防衛出動待機命令すら出てこないとか、もうね。 ああ、この作品は『沈黙の艦隊』なんかとは違って、政治的リアリティを追求することは一切しない娯楽作品だったのか。なーんだ。勘違いしたわ。とりあえず次巻はその線で付き合うけど…
marm marm 星4つ 20XY年、ついに中国人民解放軍が事を起こす。しかし、その意図するところが見えない。占領された島の島民が冷静に行動している様子に驚く。実際にはこうはいかないだろう。そんな中、とうとう戦死者が出てしまう。先の大戦以来、初の戦死者。 海上警備行動が発令された。報を受けた「いぶき」も、被戦闘地域の奪還と島民保護のために先島諸島海域へと急行。対峙する第5護衛隊群と中国軍の潜水艦。一歩も引かぬ両者。高まる緊張感。 そして、多良間上空でのRF4E偵察機の撃墜。「防衛出動」の発令。「国民の生命と財産、そして領土の...
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist