メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
恥知らずのパープルヘイズ -ジョジョの奇妙な冒険より-
Amazon価格: 1,404円 (2017年10月18日 22時09分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


anythingbox anythingbox 自炊20131109
hosen-hsl hosen-hsl 913.6
shiranue shiranue 星4つ フーゴが見失っていたもの、それの解釈が好き。ところでジョルノってこんなキャラだったっけ…
tomosachi tomosachi スタンドの絵が浮かぶ。 感動。 こじつけすぎな感じもしたが、作者のジョジョ愛が感じられて良かった。
cha_taka cha_taka 星3つ   ジョジョの奇妙な冒険ノベライズ第四弾です。第五部終了後のパンナコッタ・フーゴを軸にした話になっています。ノベライズ第二弾でも似たような話が書かれていますが、出来は圧倒的にこちらの方が上。作者の作品への愛を感じます。ジョジョの奇妙な冒険ノベライズの常として、各部間でのリンクが面白いです。特に第二部とのリンクは予想外でした。原作ファンなら買いだと思います。ただ、頁数に対して値段が高い気がするのは残念。
caropride caropride 星5つ 第5部完結の半年後が舞台。本編ではフーゴのその後については何も触れられていなかったが、よーやくスッキリ。
snowtop snowtop 星4つ  『ジョジョの奇妙な冒険』第五部のノベライゼーション。第五部キャラでいちばん地味な印象だったフーゴが主人公で、なぜか仲間から裏切り者として見なされ、汚名を晴らすために麻薬チーム殲滅を命じられる。冒頭からひねりのきいたプロットで、コアなファンほど楽しめる。  何よりも、敵味方の新しいスタンドたちがグロくてクールでしびれる。イラストと設定がついているということは荒木飛呂彦が考えたスタンドなのかもしれないが、このまま外伝としてマンガ化してほしいくらい。  フーゴの”パープルヘイズ”は、自分の命さえ奪い...
crayzic crayzic 流石かどちんッ!俺たちにでき(ry 荒木飛呂彦の世界観を踏襲したうえでこれが描けるというのは、いやしかし「ブギー」の世界観そのものこそが「ジョジョ」という証なのだろうな。 まさに上遠野浩平のためのノベライズといっても過言ではないだろう。
honetarako honetarako ある日本屋に行くと そこにはジョジョの小説が売っており 何も言ってないのに身体が勝手に支払い終え 「今日は一日ヒマなの」 そう思った あなたならどうする…?最高だった… ということで昨日は読めなかったので17日一日で読了。5部のその後の話。真の最終話といえるぐらいの完成度。 ジョジョファンにはたまらないッッッ!「成長」の物語でした。
tamagomeshi tamagomeshi 星3つ やっぱりジョジョ知らないと無理だね。いくら上遠野浩平に心酔してるといってもさ。 JUMP j BOOKSがおくる、荒木飛呂彦画業30周年&ジョジョ25thアニバーサリィ企画“VS JOJO”シリーズがいよいよ始まる!! 第1弾は上遠野浩平が挑む“VS GIO GIO”!! 舞台は第5部完結後のイタリア、主役はパンナコッタ・フーゴ!!
nmttm nmttm ウィッシュ 多くの犠牲の末に“ボス”を打ち倒したジョルノたち。しかし、彼らと袂を分かった少年フーゴの物語は、未だ終わっていなかった…。人気コミック「ジョジョの奇妙な冒険」第5部完結の半年後を舞台にした物語。
mr_k_o mr_k_o 星5つ おもしろい。 第5部はこの作品を持って完結、といってもいいほど。
jyuzeppe jyuzeppe 星5つ とにかくおもしろい
junjitakada9 junjitakada9 星2つ あんまりおもしろくなかった。 ノベライズでおもしろかった試しがない。
what-r what-r ジョジョは台詞でわかる。乙一も良かったけど上遠野浩平もいいなぁ。
tako1low tako1low 星2つ 戦闘シーンがうまく想像できなかった。 奇妙さがやはりなかった。
waman waman 星5つ パープルヘイズを操るフーゴの後日談。
muneyuki muneyuki 星5つ 正に『指輪物語』に対する『ホビットの冒険』のような、「行きて帰りし物語」。大切なのは、行って、それで帰って来る、ということなのです。
atsu_ys atsu_ys 星4つ ジョジョの奇妙な冒険第五部の後日談、本編では色々救いが無かった パンナコッタ・フーゴの救済の物語。 前ボス・ディアボロが急速な麻薬ビジネス拡大に成功した理由、暗殺チームが焼却された写真を どうやって復元したのか、など五部での様々な疑問に応えており大いに楽しめた。 生死不明だったズッケェロ&サーレーの末路が分かったのもまた良し。 その救いのない様には同情を禁じえないが…。
piromooo piromooo 本編に負けず劣らず熱血感たっぷりな作品でした。 オリジナルキャラも荒木先生書き下ろしのキャラ画があって物語にのめりこめること請け合い。
>
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist