メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
すべての疲労は脳が原因 (集英社新書 829I)
Amazon価格: 756円 (2017年11月19日 15時27分 時点)
梶本 修身
集英社 (2016-04-15)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


herogroove herogroove 星3つ 今月12冊目。 筋肉疲労も実は筋肉ダメージでなく疲労物質FFのせいだった。 日光浴びて疲れるのも脳の疲労。 回復させるのはイミダペプチドを含むトリの胸肉。
yushiu yushiu 星5つ 1:タイトルが「うさんくさかった」ので敬遠していたが、読んでみたらきちんとした内容で面白かった。 2:疲労の研究の歴史はまだ浅く、筆者はそのなかのプロジェクトでリーダーを務めるなど先端的な研究活動を行なっている。また疲労と睡眠に関する病院(クリニック)も開院しているようである。 3:疲労と疲労感はちがう。疲労感とは、脳の自律神経の中枢がだす信号のようなものである。ここで「自律神経の中枢」とは「視床下部」や「前帯状回」のことをさし、これが「体が疲れた」というシグナルを眼窩前頭野に送り、そのシグ...
oomineka oomineka 本メモ
mamochin mamochin 星5つ 【一口感想】  「あなたが感じるその疲れのすべての原因は、カラダやアタマじゃなく自律神経疲れだ」 【3行要約】  ・カラダを動かすだけでも脳をめちゃくちゃに使っており、疲れたと自覚させられるのはカラダの疲れではなく、自律神経の中枢の疲れ  ・アタマの疲れをカラダの運動で回復・リフレッシュさせることはできない。  ・ポイントは、イミダペプチドとクエン酸の摂取と6時間以上の睡眠 【所感】  最近やたら疲れることが多くて、原因が睡眠不足にあることはわかっているのだけれど  睡眠を確保し続けるだけで本当に...
kin333 kin333 
kisamaimomo kisamaimomo 運動中は、「自律神経の中枢」がフル回転で心拍、呼吸、体温を調節する。この、「自律神経の中枢」の疲労こそが運動疲労の正体。
ind-hiroyuki ind-hiroyuki 星3つ 『疲労の原因は活性酸素による細胞の酸化であり、それに関連して疲労因子が作用して疲労感をもたらす』だそうです。疲労回復の一番の手段が睡眠で、効果的に睡眠をとる体内時計とリンクした睡眠の重要性ということに関心を持った。 食事では、長距離を旅する渡り鳥やマグロ、カツオ等が含んでいるイミダゾールペプチドが、抗酸化作用を持っているとのこと。さらにヒーリングやセラピー効果にも言及しており、『緑青の香り』を試してみようと思います。 『記憶のタグ付け』が重要で、好奇心を持つことにより、覚えたいことと自身の体験...
mintku25 mintku25 星3つ 疲労因子FFと疲労回復因子FRの関係がわかって興味深かった。 疲労を感じると疲労回復因子FFが働き始めるわけだが、普段、あまり疲れることや体を動かすことをしていない人は、突然に大きな疲労を感じてもうまく疲労回復因子FRが働いていくれずに疲労が一気に蓄積され健康リスクが高まるというもの。 睡眠時間との関係性もこの因子にあり、個人差があることを学んだ。
hironakaji hironakaji 星3つ 2017年28冊目 疲労医学の教授が書いた疲れの原因と軽減する方法についての本です。 疲れを感じるのは、「脳」 そして、その中でも脳のなかにある自律神経 疲労を回復させるには、その自律神経を落ち着かせるためのリラックスできる環境 それには、入浴や食事、そして、寝る前の照明などがポイント。 疲れを回復させるための食事メニューも面白い。栄養ドリンクなんて飲んでもダメですよ。 本書については、ブログでも紹介しました。 すべての疲労は脳が原因 by 梶本修身 【読書記録】
masa730 masa730 読み終わりました。
ohsl-books ohsl-books 今年の文化祭のビブリオバトルで、3位に選ばれた本です。栄養ドリンクを飲み過ぎると、疲れはむしろ溜まる、ウナギを食べても現代の日本人の疲労を救うことはできないなど、今までの自分の認識が覆されました。 [NDC] [情報入手先] [テーマ] 平成28年度第4回備中地区司書部会/健康に関する本
inabananaoki inabananaoki イムダペプチド、鳥の胸肉、クエン酸 ゆらぎ ワーキングメモリ、引出し、感動、再生
bicheal bicheal 星4つ 栄養ドリンクは無意味以下。 鳥の胸肉! クエン酸 サングラス!
zazi zazi 星3つ 疲労の原因は乳酸ではなく活性酸素 紫外線も疲労のもと 疲れを感じるのは脳~自律神経を調整し続けるため 疲れをマスキングしない!疲れたら休憩 お風呂はぬるめ イミダペプチド 鳥の胸肉
kjmtky kjmtky 熊谷達也(週刊現代20160625)
k-yoshimura k-yoshimura 思ってたよりちゃんとした本だった。
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist