メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
日本の大問題 「10年後」を考える ─「本と新聞の大学」講義録 (集英社新書)
Amazon価格: 842円 (2017年11月18日 11時29分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


stephn stephn 基調講義 / 一色清, 姜尚中 述 反知性主義との戦い / 佐藤優 述 高齢化社会と日本の医療 / 上昌広 述 沈みゆく大国アメリカと、日本の未来 / 堤未果 述 一〇年後の日本、感情の劣化がとまらない / 宮台真司 述 戦後日本のナショナリズムと東京オリンピック / 大澤真幸 述 二〇二五年の介護 / 上野千鶴子 述 総括講義 / 一色清, 姜尚中 述 著者:一色清(1956-、松山市、ジャーナリスト)、姜尚中(Kang Sang-jung, 1950-、熊本市、政治学)、佐藤優(1960-、東京都、作家)、上昌広(1969-、兵庫県、医師)、堤未果(東京都、ジャーナリスト)、...
osamunakai osamunakai 星5つ 上質な内容。 第一回 機長講義 一色清x姜尚中 第二回 反知性主義との戦い 佐藤優(さとうまさる) 第三回 高齢化社会と日本の医療 上昌広(かみまさひろ) 第四回 沈みゆく大国アメリカと、日本の未来 堤未果 第五回 一〇年後の日本、感情の劣化がとまらない 宮台真司 第六回 戦後日本のナショナリズムと東京オリンピック 第七回 二〇二五年の介護:おひとりさま時代の老い方・死に方 上野千鶴子 第八回 総括講義 一色清x姜尚中
eisaku0330 eisaku0330 星5つ 日本の10年 1985年ー1995年の10年間 右肩上がりから、右肩下がりの時代へ(一色清) (1)グローバル化 後期高齢者 海外のヒトモノカネ 移民 格差→ナショナリズム (2)技術革新 生殖 3Dプリンタ 自動運転 →雇用喪失 ⇒閉塞感 特に若者の閉塞感が強くなる  「反○○としての全体主義」反韓・反中←反ユダヤ・反共産  制御できない複雑な社会は「スモール・ユニットの分業的編成」 教育の劣化 大学の統合・廃校が進む 「教養リベラルアーツ」人間の存在の本質に迫る 私たちは何が出来るか 教育投資が地域を活性化させる 教育機関...
junfukuda junfukuda 星3つ 【由来】 ・人口問題アリ、話者も佐藤優に堤未果。 【期待したもの】 ・人口減少問題について何か得るところがあれば。 【ノート】 ・「佐藤優(第2回 反知性主義との戦い)」と「堤未果(第4回 沈みゆく大国アメリカと、日本の未来)」に惹かれて興味を持った。ただ、この二人の内容は他(主に自著)で話してる内容と重複するものばかりなので、既読だったら本書を読む意義は薄くなる。 ・「第3回 高齢化社会と日本の医療(上昌広)」は、高齢者が増えるこれからの日本で医療従事者が全然不足してしまうという問題意識につい...
mic64 mic64 星3つ start:2015.9.8
b612 b612 
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist