メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
昭和元禄落語心中(1) (KCx)
Amazon価格: 607円 (2017年04月25日 07時58分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


tizuru tizuru ウィッシュ 
mole_gonif mole_gonif 星5つ 助六は談志ですね。主人公の本名が強次にもニヤリ(志ん朝の本名)
mn_box mn_box 刑務所から出てきた与太郎が、落語会の重鎮「八代目八雲」に弟子入りする所から物語が始まる。 八雲先生が麗しい美しい! 話を真似ることってできるのか、すごく不思議。 生の落語を見に行きたい!と、思いました。
hiro-fj hiro-fj 星4つ よかった。 いろいろ思うところもあった。
hndn hndn 1・2巻所持
lingmu0788 lingmu0788 星4つ TSUTAYAレンタル
noto_jun noto_jun 星1つ うーん、落語の世界って僕はよくわからないので読んでみようかなと思ったけど、とにかく僕にはこの方の画風が全くフィットしなかった。 あと、1ページあたりの文字量が多すぎて僕にはマンガとして読む気が失せたというのが正直なところ(普通の活字の本だったら2段組で文字数が多くても構わないんだけどマンガの場合は僕はダメ)。 なので★1つだけど、それはロクに読んでいないってことで中身とは関係ありません。 多分数巻続いたマンガなのでいいんだろうけど、僕にはダメってことで・・・。
ysaka ysaka 星4つ 面白い!コミックで落語をどう表現するんだろうと興味があった。刑務所帰りの主人公が、惚れ抜いた噺家に弟子入りするところからはじまる。 弟子を取らない方針の師匠があっさり彼を弟子にするところは、都合のいいような気もするのだが、物語はそこからどんどん面白くなっていくのだ。 主人公の与太郎くんが、これまためちゃめちゃ明るくて、まっすぐで面白いキャラだ。クールな八雲師匠とは対照的。 落語に少しでも興味があれば(なくても?)、楽しめると思う。 巻末についてるおまけの「寄席とは?」も落語の基礎の基礎を知る上で...
osamunakai osamunakai 星3つ 寄席に行ってみたくなる。
inamin inamin 星4つ PTAの落語のために勉強がてら買ってみたけど、面白かった。個人的に6巻で終わればいいのに、まだ続くのかな… とりあえずみんな読んでみなよーと思うけど、手に取りもしないだろうなぁ 個人的には表紙の構図が好きだったから、前から読みたかったのだけど。 ますます落語に興味をもったけど、なんつーか、天然記念物になりそうね……
hayuru hayuru 星4つ 面白い! 先が楽しみだなあ。
tkeastcoast tkeastcoast 星5つ 話し言葉から落語の台詞のようで読んでて楽しくなる。
junjitakada9 junjitakada9 星4つ ※TSUTAYAでレンタル。 すごいおもしろい。 TSUTAYAでレンタルではなく買い直し予定。
muneyuki muneyuki 星4つ 刑務所帰りの青年が落語家に弟子入り。新しい切り口で描かれる落語の世界・初めて知る落語の世界に、主人公と共に周りをキョロキョロしながら入っていく。
yodomizu yodomizu 星5つ 
onsoku onsoku 雲田はるこ・作.若気の至りで刑務所に入っていた男,慰問の落語を聞き感動,出所後その足で名人八雲に弟子入り志願.だが八雲は「落語と心中するのだ」と言い,今まで一人も弟子をとったことがなかった.八雲の好敵手で若くして亡くなった助六,その娘・小夏は八雲を恨んでいる.
gashiga gashiga 星3つ 弟子をとらない落語名人、ヤクザ上がりの与太郎弟子。設定はありがちだけど、続きが気になる面白さ。
trick-or-treat trick-or-treat 2012/01/30 レンタル
ituka ituka 406380514X
kanekku546 kanekku546 星5つ 雰囲気がいい
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist