メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
捨てられる銀行2 非産運用 (講談社現代新書)
Amazon価格: 864円 (2017年11月19日 17時35分 時点)
橋本 卓典
講談社 (2017-04-19)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


bookwiz bookwiz 星5つ 先日紹介した「捨てられる銀行」の続編。 前回は「地域金融」についてでしたが、続編はぐっと身近になって個人の「資産管理」の現状についてです。日本の個人に対する資産管理を憂いて「非産運用」というサブタイトルが。。。笑 日本人のサラリーマンは「年末調整」「源泉徴収」などの制度により「確定申告」をする人が少ないことから「税」に対する意識が低いと言われています。 確かに自分がどのくらいの税金を納めているのか?どうなると税金があがって、どうすれば節税できるのか?ということを意外と知りませんよね。「そんな...
nampaku nampaku 星4つ 2017年78冊目 発行者:鈴木哲 2017/4/20 285p
moritoshisekine moritoshisekine P93 金融ビッグバンの本家は英国だ。「日本版」は英国からの輸入によってつくられたものだ。その際、日本が英国から輸入し忘れたものがある。  それは、本書を貫く革新のテーマでもある顧客本位の価値観だ。英国で生まれ、育まれ、極めて重要な価値観となったフィデューシャリー・デューティーである。   そもそも金融機関と顧客との関係は、情報開示だけしておけば良い、対等なものなのだろうか。情報の非対称性があり、圧倒的に金融機関の方が有利だ。対等ではない。だからこそ、何よりも顧客の利益を優先する価値観が求められる...
yoko-san yoko-san 星2つ 森金融庁長官が進める、日本の資産運用ビジネス改革についての解説書。
kazupochi kazupochi 星4つ 2017年42冊目。満足度★★★★☆ これは必読。前著『捨てられる銀行』より中身が濃い。
>
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist