メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
情報参謀 (講談社現代新書)
Amazon価格: 821円 (2017年03月31日 07時31分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


kin333 kin333 
butapy butapy 星3つ 読んでてくらくらする。 著者だけが、熱伝導を発している感じだ。
stephn stephn 第1フェーズ(2009年秋~2010年7月参院選) 野党転落―報道分析から復活への手がかり(「10分で説明してくれ」;クチコミ@総選挙2009 ほか) 第2フェーズ(2010年秋~2011年夏) 膠着停滞―テレビ+ネットデータで精密度アップ(情報分析から情報戦略へ;バブルチャートの誕生 ほか) 第3フェーズ(2011年秋~2012年12月衆院選) 政権奪還―ネット積極活用で注目を集める(ボス交代;規模拡大した情報分析会議 ほか) 第4フェーズ(2013年1月~7月参院選) 完全勝利―IT全面武装で選...
zonoburi3 zonoburi3 面白くて一気とはいかないけど一気読み。野党に落ちた自民党がここまでのことを しているとは知らなかった。今はここで学んだ情報の扱いを自分たちの支配の強化に 使っているのだろうことは疑いない。 結局、メディアに露出することだけが支持を得られる要因だとするなら、投票の 主体はその程度の考えしかないということなのだろうか? 著者は自民党に相当肩入れしているが、それで本当にいいのだろうか? その考えには 全く共感できない。
kokubun kokubun 星4つ 自民野党時代の政治情勢分析の内幕。行っている事はキーワードやメタデータの分析で目新しい事も無く、当たり障りの無いデータしか掲載されていないのだろうけど、政治がどのようなニュースとリンクして動いていたのか、どう対応していたのかが判って面白かった。努力至上主義の自民党、最小不幸社会→不幸が前提の民主党、なるほどね〜。
nao-sugar nao-sugar 星3つ 政治の世界で、タイトルに相応しい仕事をして来た著者の 回顧録かな。 書いてあることを見ると確かに自民党が野党に下ってから 野党に返り咲くまでの期間に政局においても情報戦略の比重がだいぶ変化したと感じた
0422tf 0422tf 星3つ 本書は、野党になった自民党がどのように政権奪還をするための情報戦略を書いている。 テレビの報道やネットの書き込みを集め、それを行動に反映させていくという手法をとっている ので、直接ネットに工作をしたということではない。
quazism quazism 星3つ 自民党が野党だった4年間、情報、特にマスメディア、インターネットにおける情報を自民党に提供していた著者の本。自民党の茂木氏、平井氏、世耕氏らと共に活動していた。テレビ番組をテキスト化するにはまだまだ人力での作業のようだ。
oomineka oomineka ・ロングヒットトピック「普天間問題」 ・翁長知事への認識が浅い(P202)
cerise cerise 星3つ 自民党下野時代のメディア戦略について、コンサルタント側の立場から書かれた一冊。 やっぱりちゃんとこういうことやってるんだなあ、という印象。 翻って民進党はどうなんでしょうねえ。何かしらのコンサルタントはもちろんいるのだとは思うけれど。
kicchi115 kicchi115 政治xIT分野の新書。電通等の大きな会社でない、独立組の筆者が、野党時代の自民党の情報戦略に関わり、どのように提案をしていったかが時系列で描かれている。その一人称の書き方がリアルで面白い。 驚くのはたった7年前の2009年から状況が大きく変わっているということ。当時はネットの情報がテレビ等で取り上げられることはなかった。その後、尖閣漁船衝突映像の流出事件やニコニコ動画の活用等でテレビも無視することができなくなり、今では当たり前のようにネットが影響力を持っている。自民党が「他党に先駆けて」Facebookページ...
nyankoteacher nyankoteacher 星4つ 茂木、世耕が、最近、出世してきている理由がわかったような気がする。(もともとビジネス分野に身をおいていたことによるセンスに加え)フレッシュな情報に晒され続けて鍛えられたということか。 著者のいう「メタ情報」のビッグデータ(は、大げさだが)を用いた分析と、行動戦術への落し込みは、すでに5年前には始まっていたということ。2016年の現在では、さらに進んでいることだろう。
osawa_t osawa_t 自民党の野党時代に、情報分析・戦略に携わる。 いろいろやっていたんだな。
yoko-san yoko-san 星3つ 2009年から2013年まで、主に野党時代の自民党において、テレビやネットでの情報戦略に関わったコンサルタントの記録。情報戦略と言っても、まずは世の中でどんなことが報道され注目されているか、その中での自民党の位置付けはどうか、ということを測るのが前提で、著者の仕事も、それを日々まとめ、自民党報道局内に提示することから始まった。その後、選挙におけるCMやネット番組の企画、あるいは各種の事象におけるコメントの出し方など、攻め、にもその領域は広がるが、基本は守り。そんな内容をドキュメントチックに語る。 マーケ...
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist