メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
野心のすすめ (講談社現代新書)
Amazon価格: 799円 (2017年08月20日 03時34分 時点)
林 真理子
講談社 (2013-04-18)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


asakobeam asakobeam 前に読んだかな??と思っていましたが。。。いまさら「野心」といわず、少し考えてみようかな~ 読書に対する野心はあるかも(^^) さて、次は何を読もう~♪
morikawamunetaka morikawamunetaka 先にいうと、私は林真理子はたぶん苦手な部類。 著書が、ではなく、そのたたずまいというかあり方というか。。。 昔から苦手でした。ちなみに本書を読んでもその印象は変わらない。 ただ、一生懸命生きてきたんだな、というのはものすごく伝わってきました。 タイトルが「野心」確かに彼女は野心家だと思う。 でも、それって目的を持って生きることにつながっている。 自分はこう生きたい。こうありたい。こうなりたい。 それが原動力となり、並々ならぬ努力をする。 もちろん無駄な寄り道もあるが、でも、目的があるからリセットが...
yamaarashi yamaarashi [private]Book​ marathon[/priv​ate]
saltground saltground やはり、新書であるため、200ページの文量で文章が書いてあるが、何も書かれていないということは承知の上で読む。 「野心を持ったほうがいいよ!」という著者の主張はもちろん、「時代は違うけれどね」という前提の元で話している。しかし、今の時代に対する考察がないため、即効役に立つということはない。読者である若者が、今の時代、そこに至るまでの流れ、著者と私達の時代の相違を十二分に理解しているならば、幾分か内容は参考にできるものがあるのではないか。 個人的には、ピッタンコカンカンに時折出ている、あのおばさんは...
yoshikoo yoshikoo 星2つ 著者の講演会でこの本の話が出ていたので、図書館で借りて読んでみた。内容としては面白い部分が多いのだが、著者独特のさもしい感じがどうにも馴染めず、結果読後感がどうにも嫌な感じだった。そこが著者の持ち味で、小説を面白くしているというのもよくわかるのだし、どんな人にもそんな部分はあるはずだというのもよくわかるのだけど、なんかねぇ。
kjmtky kjmtky ・吉川敦子(HONZ2013年12月12日):2013 2位.失敗が怖くなった時、アクションを起こすのがちょっと面倒だなと思った時、思い出して頑張ろう!と自分を奮い立たせるきっかけになってくれた一冊です。 ・神田昌典「バカになるほど、本を読め!」(2015/1/27)
nabo64 nabo64 星4つ 弱ったときに読み返したい。特に後半。
wakaba108 wakaba108 星3つ 林真理子がまだ何者でもなかった頃の自分の妄想から名声と実績を得た現在の心境までをさらけ出して書いてくれている書。 個人的にはananによく登場していた「テツオ」さん、テツオは名字だったことにびっくり! 印象に残ったのは、 「資料を読む楽しさに比べると、文章を書くのは付け足しのようなもの」(有吉佐和子さんから生前に聞いた言葉) 仕事と子育てを両立させようとする女性の進む道が、いまの社会においてはまだ”けものみち”であることに変わりはない。仕事や結婚。子どもを持つことの意味を含めた優先順位を若いうちか...
hamanaka-store hamanaka-store 星3つ わかりやすい。 この方、あまり好きではないが、この野心剥き出しなトコは好き。
e72509 e72509 野心が足りない、やってしまった後悔、やらなかった後悔、テクノルックで糸井さんにアタック、一生ユニクロと松屋てまオッケーじゃん、野心のモチベーション、野心の履歴書、不採用通知の束を宝物に、野心とおんなの一生、働いているからかくにんできる愛情、野心の幸福論 最初鼻持ちならない感じがしたが、だんだん正直な人なんだなと思いはじめた。もっと苦しんだろうな、それをはね返したのだろう。あっぱれ。
chokusuna chokusuna 再読。一読放置していたが、林真理子「ワンス・ア・イヤー」、斉藤美奈子「文壇アイドル論」の林真理子の章を読み、読み返したくなった。賛否ありそうだけど、ひっかかったところを。/野心が車の「前輪」、努力は「後輪」、両方のバランスがうまくとれて進んでこそ健全な野心/年を取ってから安物ばかり着ている人は、その佇まいだけで哀しい負のオーラを発する/どのように生きていくかということを真剣に考えるのは、充実した人生を送るために不可欠/「貧困は恥にあらず」というのは、すべての人間が口にしながら、誰ひとり心では納得...
deepblue0042 deepblue0042 野心を抱くのには共感する。けれど、何かちょっと感覚がずれている気が。
taka_kazama taka_kazama 星3つ ・やってしまった後悔は日々小さくなるが,やらなかった後悔は日々大きくなる. ・「止まっている不幸」の恐ろしさ ・野心の日常的な心得3か条 ①時間は2倍に使う ②まずぐっすり寝てから考える ③運の強い人,楽しい友人と付き合う
takeut takeut 星4つ 野心を持って常に上を目指した生き方をしよう、と訴えています。 女性に向けてかかれた本ですが、男性にも参考になるところがたくさんあります。 また、著者がどのよな野心をもって、どのように成功したのか、経歴がよくわかります。 ブスの代名詞という印象をもっていましたが、それも著者は成功するためにうまく利用したようです。 印象的なことば ・人生に手を抜いている人は、他人に嫉妬することさえできないんです。それほど惨めなことはありません。 ・平地で遊んでいる人間には一生見えない美しい景色、野心を持って努力を...
eniac eniac 
herohero_ herohero_ 星5つ 林真理子は努力の人。”野心”という目標をもち、努力をしてきたから、今がある。自慢ばかりでは無く、時に、黒歴史についても書きつつ、野心を持とうと呼びかける本。もっと若いときに読みたかった。。。
mintjam mintjam 星4つ もっと野心をもって夢に近づこうと、まりこさんのメッセージ
kazupochi kazupochi 星2つ 2013年139冊目。満足度★★☆☆☆
kazuki0409 kazuki0409 星4つ 「低め安定」の世の中で、野心を抱く人が少なすぎる。要は「恵まれた環境」に慣れきってしまって、怠けている人が多すぎるという、俺が世界一周して感じた思いと似ている。 有名になりたい、お金持ちになりたい、モテたい、それらが健全な動機だと思えるかどうか。 1〜3章は、何度か読み直したい。
spooon spooon 星5つ やらなかったことの後悔は日々大きくなる 野心が車の前輪だとすると、努力は後輪である 50代になって安物ばかりでは。 自分は果して結婚したいのか、子供を持ちたいのか 費やしたお金は何にいちばんわかりやすく反映されるかと言うと、会話の面白さ 子供を持っていても、やはり仕事にしがみついて欲しい 退職前と同じレベルのやりがいのある仕事に再び就くことは難しい 何よりの充足感は、自分の代わりがいないと思える時 運とは友人に引きずられるもの
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist