メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
現代霊性論 (講談社文庫)
Amazon価格: 627円 (2017年08月24日 10時06分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


seiji0000 seiji0000 ウィッシュ 既読
takamihiroki takamihiroki 星5つ 最大の供養というのは「その人が生きていたらするであろうふるまいを繰り返すこと」。自分が死んだ後も、自分が今しているような日々の営みを誰かが継いでくれると思ったら、死ぬときに気が楽になるはず。
kimidori kimidori 星5つ  現代の「霊性」について語る対談集。  既存の宗教から、新宗教、カルトまで、かなり幅広く網羅されていて、かなり面白かった。  現代の「スピリチュアル」は自己変容や神秘主義を重んじ、なおかつ「メタ宗教・宗教の源泉」として宗教よりも上位に位置づけることが多い、等、興味深い指摘が多かった。
kengoyoshida kengoyoshida 星4つ 霊の存在を信じていなかったとしても、死者を弔っている時点で霊は存在するのと同義である。
syamagu1966 syamagu1966 「スピリチュアル・ブーム、現代のタブー、地名の由来、靖国、オウム・・・」端から端まで面白すぎる宗教漫談」(帯びより」  2005年9月から半年間、神戸女学院大学で、内田樹教授(当時)と釈徹宗氏(浄土真宗僧侶)の合同授業として行われた「現代霊性論」の講義録をもとに加筆、編集された本。  講義がベースとなっているので、親しみやすい話題が取り上げられている部分もあるが、抽象的な話が続く部分もあり、なかなか難しい。
4kicha 4kicha 良かった。また大学で授業を受けたくなる感じ。
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist