メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
罪の声
Amazon価格: 1,782円 (2017年11月21日 03時52分 時点)
塩田 武士
講談社 (2016-08-03)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


kymkym66 kymkym66 ★グリコ森永事件
snowtop snowtop 星3つ  未解決のグリコ・森永事件をモチーフにした小説。  京都でテーラーを営む主人公が父の遺品の中から、幼い自分の声が録音された恐喝テープを発見し愕然とする。一方、文化部でくすぶっていた新聞記者は、ひょんなことから昭和の未解決事件特集を担当させられることになる。犯人側の家族と記者という別々の立場でそれぞれ事件を追う二人の青年の前に、これまで語られなかった過去が徐々に姿を現していく。  事件から30年経った今、当時の大捜査ではわからなった真実をしゃべる証人が二人の前にポンポンと都合よく現れるのには納得...
keyman1969 keyman1969 あの事件を下敷きにした小説ですが、、、
ofsilvers ofsilvers 星4つ グリコ・森永事件を題材にしたフィクション。
showshimin showshimin 星5つ グリコ。
amazoness amazoness 星5つ ウィッシュ 事件のことを覚えていないなあと思いましたが、おもしろかったです
y-ryokawa_book y-ryokawa_book 星3つ 面白さがわからない
dai0707 dai0707 星4つ 子供たちがまだ苦しんでいる。 犯人は2チーム 株価操作で儲ける イギリスに主謀者はいる 新左翼が絡んでいる 核家族化とカメラモニータの時代の間 楽しめた。
genzyu genzyu 星3つ 読み応え十分(^^) 本書はグリコ・森永事件の発生日時、場所、犯人グループの脅迫・挑戦状の内容、その後の事件報道を極力史実通りに再現されており、この戦後最大の未解決事件は『子供が巻き込まれた』事件だったんだと強く印象づけられました。
kakitan kakitan 星5つ はっきりと覚えている、「グリコ・森永事件」を題材にしたフィクション。よく練られていて、面白い。それにしても、当時は大学生だったが、改めて詳細を知り、その謎めいた出来事に、改めてこの事件のずごさを実感する。
greece greece 星3つ ★★★☆☆
yoiyami yoiyami 星4つ ノンフィクションとはとても思えないなぁ。どう読んでもふぃくだわ。 でも、家族の描写はスゴくよかった。
omnibuscity omnibuscity 昭和史に残る「グリコ・森永事件」で、身代金の引き取り方法を指示するのに使われた子ども声。そこから発想を膨らませ、フィクションながら事件の真相にまで迫った意欲作。 京都でテーラーを営み、ある日父の遺品から「ギン萬事件」(※グリ森事件そのものだが小説上はこういう名称)に使われた「自分の声」が録音されたテープを見つける。一方新聞社の文化部記者の阿久津は、ギン萬事件を追う特集企画にかり出される羽目になる。 やはり題材にしている事件そのものが(言葉は適切ではないかもしれないが)相当に面白いことも手伝って、...
yana2030 yana2030 4月1日(土)聖教新聞 2017
akinbo511 akinbo511 星4つ 実際に起きた事件を詳細に調べた末に小説にしたという作品。事件が起きたときは子供だったけれど、ニュースで騒がれていたのを知っていた事件。でも、録音された子供の声が犯罪に使われていたことは知らなかったので、その声をとっかかりにして進んでいく話に引き込まれた。
scousekats scousekats 明正堂書店アトレ上野店
ikuyosky ikuyosky ダ・ヴィンチ1月号を見て
takimasa takimasa 星4つ グリコ森永毒物混入事件をモデルにした小説。曽根俊也が、恐喝の録音テープの声が自分の声だと思うところから始まる。記者の阿久津英士は30年前の「ギン萬事件」を追いかける。これ以上はネタバレになるのでやめておくが、事件に巻き込まれた子供が30年経ちその深い闇が明らかになっていくところが見事だった。キツネ目の男も出てくるしとにかくしっかり調べている。僕は小学生だった。連日ニュースで報道されていたことを思い出す。若干冗長な気はするが違和感はない。逆に引っかかりもなくスッと読めてしまった。書中では犯人が...
tetsuya44 tetsuya44 星5つ 日本中を震撼させたグリコ森永事件をベースにした話題のフィクション。キツネ目の男を特定できた段では、あまりにのめり込んでいたのか、本当にドキドキしてしまった。 内容(「BOOK」データベースより) ーーーーーーーーーーーー 京都でテーラーを営む曽根俊也は、ある日父の遺品の中からカセットテープと黒革のノートを見つける。ノートには英文に混じって製菓メーカーの「ギンガ」と「萬堂」の文字。テープを再生すると、自分の幼いころの声が聞こえてくる。それは、31年前に発生して未解決のままの「ギン萬事件」で恐喝に使われ...
mogura61 mogura61 自炊
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist