メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
6時間後に君は死ぬ
Amazon価格: - 円 (2017年11月23日 03時32分 時点)
高野 和明
講談社 (2007-05-11)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


psyche psyche いまいちでした。
bigwave18 bigwave18 面白かった。 運命は変えられるかも。
azuura8 azuura8 星3つ タイトルがおもしろそうだから、借りてみた。 が、長編でなくて連作だったのでちょっと期待外れだったかな。 しいていえば、最後の話が面白かったかな。 長編とか連作がおもしろい人ってなかなかいないなぁ。
tka3 tka3 星5つ 複数の短編が掲載されているが、共通した登場人物として「山葉圭史」があげられる。ビジョナリーと呼ばれる能力を持つ彼は、人の非日常的な未来を見ることができる。 この能力を使って、最初に、3時間後に死ぬと元デートバーでアルバイトをしていたOLに忠告をする。 当然、OLは信じないが、友達との約束を、友達は忘れておりすっぽかされるという予言を的中させたことで、行動を共にするようになる。 6時間後に、誕生日を迎えるOLは刑事に相談をし、元ストーカーの男を見つけ出したりするが、連続殺人犯は、相談に乗ってくれていた刑事...
kokunasi kokunasi 星3つ 「六時間後に君は死ぬ」。街で出会った見知らぬ青年に予言された美緒。信じられるのは誰なのか。「運命」を変えることはできるのか。 なかなか刺激的なタイトルに引かれて手にしましたが、 内容はそこまで刺激的ではありませんでした。 そんなに肩肘張らずに読むことはできるんですが、 その分インパクトに欠けるというか、印象に残りづらい。 連作短編みたいな体で書かれてるんだとすると、 ちょっと疑問に残る部分や、そのせいで興ざめになる部分もあるので、 そのあたりのスタイルももうちょっと考えてほしかったなと、 そんな...
ataka ataka 星3つ 未来がわかるのは、嬉しいことなのか悲しいことなのか。 見えた未来は変えられるのか、変えられないのか。 短編集?連作短編?ある一人の存在が全話に出てくる。 本の構成が好きだった。 そしていちばん最後の話が好き。 恋しちゃいけない日の話とダンサーの話もなかなか。 すごい題名だけど、読後感は案外さらっとしている。感じのいいさらっと感だけど、さらっとしすぎかもしれないなぁ。
michi michi 星3つ 久々に読んだ高野和明。「幽霊〜」のが数倍好きかなあ。それぞれ「運命」と向き合うお話。いくつかキャラとして噛み合わない部分もあったのが残念。ていうか主人公が謎。短編それぞれ主人公の女性の名前はMなんですね。
tamagomeshi tamagomeshi 星3つ やっぱり物足りないが、読んでいる間は面白かった。
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist