メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
アフターダーク
Amazon価格: 1,512円 (2017年08月19日 08時46分 時点)
村上 春樹
12345 (2004-09-07)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


masamiendou masamiendou 星4つ 何も解決されず放置されたままラストに至る、この消化不良な感覚が何故か病み付きになるんです。
mskz mskz 星3つ ブックセンターいとう福生 ¥100
philopon_k philopon_k とりあえず登録のみ実施。 コメントは別途編集予定。
akvm akvm コオロギ(本名は捨てた、怖い組織から逃げ回っている) 人間ゆうのは、記憶を燃料にしていきていくものなんやないかな。  ~ 大事なことやらしょうもないことやら、いろんな記憶を時に応じてぼちぼちと引き出していけるから、こんな悪夢みたいな生活を続けていても、それなりに生き続けていけるんよ。もうあかん、もうこれ以上やれんと思っても、なんとかそこを乗り越えていけるんよ p.244-245
_kazuma_ _kazuma_ 星3つ 実体を持たない第三者の視点で、深夜から朝方にかけて登場人物たちの生活を描く。 執拗なまでの細部描写が、リアリティを与えている。 登場人物はいずれも問題を抱えているが、それらに対して十分な情報が小説内で与えられないために、読後感はよいものではない。 日常生活の光と闇を描いており、それらの堺は非常に危ういものとして描かれている。 作中のファミレスは至って普通の日常を象徴し、アルファビル(ラブホ)は異常を象徴していると思われる。深夜のファミレスにいたマリがひょんなことからアルファビルに向かうことが、普...
mzjubilee mzjubilee 2012/10/29:購入。
hetarex123 hetarex123 3年だか前に買った本をやっと読んだ。 定番の「僕」ではなく、第三者視点での物語でなんだかいつもの感じじゃないなぁと思いつつもやっぱり物語り自体の空気感は灰色というか乾いている。 嫌な乾きではないんだけどね。 ただでも、若干の水分というかいつもと感じは若干違った。 面白かったです。
kuroroto kuroroto 2009/3/22
tomoakit tomoakit 星3つ エアロバイクのおともに読了。
mocakorori mocakorori 星2つ 村上春樹の小説は描写が酷く丁寧だなあ、と毎回思います。 その為か、ゆったりと、情緒的な印象が与えられるな、とも。 メインとなるのは恐らくマリという19歳の女の子。 一人で深夜のデニーズで本を読んでいて、そこで過去に一度だけ姉エリとWデートのようなことをした(しかし殆ど喋らずマリはずっと泳いでいたらしい)タカハシに出逢う。 その時はバンドの練習があるというタカハシを見送り、元通りの時間が訪れるが、突然現れた大柄の女、カオルに中国語が喋れるなら助けてくれとデニーズから連れ出されてしまう。 カオルはタカハ...
sikissaw sikissaw 村上春樹はそこまで好きではないのだが、これは別。洋書でも買った。
lookarts lookarts 動機:
ippaiattena ippaiattena 星5つ 真夜中の話。 いつもどおりの東京の街。 でも、0時を過ぎた時から世界はもうひとつの世界とつながっていく。 深夜起きている人々は、何かしら理由があって何かを待っている。そして、読んでいる僕も何かが起こることを期待していく。 深夜番組を見ているような感覚。 夜の魅力がたっぷり詰まった一冊。
manbou manbou 星3つ [続きを読む]
osawa_t osawa_t 星2つ 夢が現実で、ゲンジツがユメ
totosugi totosugi 星3つ 時計の針が深夜零時を指すほんの少し前、都会にあるファミレスで熱心に本を読んでいる女性がいた。フード付きパーカにブルージーンズという姿の彼女のもとに、ひとりの男性が近づいて声をかける。そして、同じ時刻、ある視線が、もう一人の若い女性をとらえる―。 タイトル通り「闇」という部分について焦点があてられていた。 初めての村上春樹の読んだ作品だったが、独特な描写感があった。
calibaby calibaby 星2つ 小説としてはつまらない。春樹の才能の枯渇がはじまっていることを示す悲しい一作。だが、彼のテーマには非常に忠実であり、春樹ワールドを理解するうえでのキーワードは多数散りばめられているので、小説として楽しみたいというよりも春樹ワールドを解析する一つの手がかりとして読む分には楽しめるかも。
masao masao 2009年10月1日 村上春樹を薦められて初めて読んだ作品だったのですが、正直なところ何を伝えたかったのか。どう完結させたかったのかいまいち見えてこない作品でした。自分の読解力不足のせいもあるかもしれませんが・・・。 ただ、ストーリーの流れや登場人物等は印象に残るものがありました。 あと、文章の書き方はあまり好きじゃなかったです。 とりあえず他の作品も読んでみたいですが、この作品については印象に残るものの残念だったというのが正直な感想です。
ayak ayak 星3つ 
kiyochan kiyochan ウィッシュ 9784062125369
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist