メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
チャイナ・インパクト
Amazon価格: 1,728円 (2017年08月19日 08時54分 時点)
大前 研一
講談社 (2002-03-30)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


jaguarico jaguarico ウィッシュ 『成功するためのビジネス書100冊 藤井孝一著』 「第1章 押さえておきたいビジネス名著30選」
bjt96660 bjt96660 第1部 中国の成長は止まらない  新しい中国の誕生 中国 その競争力の秘密 第2部 現代中国を支える六つのメガリージョン  二大IT産業集積地―珠江デルタと長江デルタ 発展著しい新興地域―北京・天津回廊、山東半島、福建省 日本とつながる東北三省 第3部 大中華圏=グレーター・チャイナの予兆  アジアを飲み込む中国経済 中国政治体制の行方 第4部 日本経済はどこへ向かうのか  日中関係の行方 対中関係の切り札・地域国家戦略 日本経済のとるべき道
ejab0318 ejab0318 星3つ 中国の今後の発展を分析によって説明している本。 内容も面白いが、大前さんのグローバル視点についても片鱗に触れることのできる意味でもこの本は面白い。 こういった本を読むと国内だけではなくて、グローバルに目を向けないといけないとつくづく思う。
mmdate99 mmdate99 星3つ 経済に関する中国の見方の参考に
kimura_rm kimura_rm ウィッシュ 
applefellow applefellow 日本語データベースの入力作業のような負荷価値の低い業務を人件費の安い海外にアウトソースする。大連華信計算技術有限公司(DHC):日本語を使ったコンピュータソフトの開発業務一人っ子政策のため、人口構成が歪んでいる。胎児が女の子と分かれば、生まなかったに、生まれた後に殺してしまったりしていた。空洞化するということは、日本という国を飛び出してでも生き残ろうという、元気な企業があるということである。オオマエ・ツアコンダクター
shibu shibu 星4つ 7年で状況が変わっているところもあるけど、基本的にはこの本に書いてある方向性は間違ってません。この本は「まだ中国の実力に対して誤解している日本人がいる」ということが書かれていますが、7年たっても状況はあんまり変わってないですよね。 中国の経済成長の勢い、そして地域ごとの特性などなど。もちろん政治上の一中関係の問題なども書かれていますし、統計の数値に表れない貿易の真の姿についても書かれています。そして、普段あんまり見ることのない、中国の政治のうごきなども丁寧に解説されています。 たしかに、日本...
coan coan 星4つ 5年前の本だけど、今読んでもほとんど色あせてないように思える。というよりも、知らないことばかりで新鮮だった。 ・中国からの輸入品はほとんど日本企業が作っていること、 ・もはや中国は1つの国というよりも地域ごとに経済発展していること、 ・人口が1/10の日本は周辺国家になりかねず、ほとんど影響力がもてなくなる恐れがあること、 などなど、タイトルのとおりインパクトがあって、中国に対する見方が大きく変わりました…。
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist