メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)
Amazon価格: 702円 (2017年11月24日 23時52分 時点)
三上 延
KADOKAWA (2017-02-25)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


zazi zazi 星5つ とうとう終わってしまった・・・でも、とってもいい、私好みの終わり方だった。 本好き、ミステリー好きにはたまらない。 あとがきによると、スピンオフや番外編も続くらしい。まだまだ楽しめると思うと嬉しい。
kazua kazua 星4つ 大宮Libroで紹介 シェークスピアの古書に纏わる謎解きと親子の関係性を軸に、栞子と主人公の結婚へと進む。
gunners gunners リーズ完結。最終話はシェイクスピアと、栞子の家族の因縁の物語。ここまでくると古本を巡る話よりも、二人のハッピーエンドが行方だけが気になった。
amazoness amazoness 星5つ ウィッシュ 面白かった
aberlour aberlour 星5つ 
5launders 5launders 星3つ シェークスピアのファーストフォリオに関する謎とき。老人がそれを見抜いてないのが驚き。大団円。
lin0711 lin0711 星4つ 読了しました。
m_tanigu2 m_tanigu2 星5つ ビブリア古書堂シリーズの、一旦の完結編という感じでしょうか。 大好きなシリーズですが、ネタ的に途中で見えてしまったかな...でも最後はHAPPY ENDになって良かった。
sdhs sdhs 913
stephn stephn プロローグ 第一章「歓び以外の思いは」 第二章「わたしはわたしではない」 第三章「覚悟がすべて」 エピローグ 著者:三上延(1971-、横浜市、小説家)
tkmshr190 tkmshr190 ビブリア完結。ほっこりするようないい話だった。 大輔くんと栞子さんの関係だけでなく、そのベースになる シェイクスピアの話。母子の関係。どれを取っても、よくできていたと思う。
yuki_yk17859713 yuki_yk17859713 このシリーズに出会えて本当に良かった。本や古書は元々好きだったが、そこに物語や歴史、人との関わりを感じられるようになった作品。本が好きでまだ未読の方がいるならば、ぜひ一読してほしい。 面白かった。古書を題材にした小説自体は存在していても、ここまでエンターテインメントとして素晴らしく、かつ本や作品への愛情を掻き立てさせるものを書くのは本当にすごい。
you999 you999 完結。あとはスピンオフとのこと。スピンオフ案1。新婚の二人の前に古書知識で栞子をしのぐ少年が現れ大輔は嫉妬で・・・。案2。あれから数十年、千恵子の予言どおり古書道に堕ちた栞子を追って世界中を旅する大輔が大英図書館の地下で見つけた謎の古書とは・・・。
anythingbox anythingbox 自炊20170311
oppay oppay 星4つ よかった 丸く収まり 亜流は やめたら
kata86t kata86t 内容紹介  ビブリア古書堂に迫る影。太宰治自家用の『晩年』をめぐり、取り引きに訪れた老獪な道具商の男。  彼はある一冊の古書を残していく―。  奇妙な縁に導かれ、対峙することになった劇作家ウィリアム・シェイクスピアの古書と謎多き仕掛け。  青年店員(五浦大輔)と美しき女店主(篠川栞子)は、彼女の祖父(久我山尚大)によって張り巡らされていた巧妙な罠へと嵌っていくのだった…。  人から人へと受け継がれる古書と、脈々と続く家族の縁。その物語に幕引きのときがおとずれる。  青、赤、白の表紙の中から本物のフ...
umigasuki umigasuki 星5つ 面白かった。 まとめの巻のためか、始まりと呼応して主人公の容姿に意識がいってしまうような記述があったのは、「いらんがな」とも思いました。 でも良作、力作です。 あ、そういえば、ちょっと大輔さん幸せすぎ。エグザ系じゃない。あれは黒歴史、と、1ページ目カラーイラストの小さな五浦くんを目に焼き付けました。
socho socho 星4つ 待望のシリーズ第7作。だいぶ内容忘れていたが、ちょこちょこあらすじが本編内に入っているので思い出せた。今回はシェイクスピアに関するお話。名前やフレーズは知っているところもあるがストーリーやシェイクスピア自身のことなどはほとんど知らなかったので勉強になった。この作品作るのに相当時間や労力がかかっているのだろうと非常に感心した。戯曲を一つぐらい読んでみようかな。
naokis naokis 星5つ 【書評】『 ビブリア古書堂の事件手帖7』~ファースト・フォリオ登場 : なおきのブログ <目次> プロローグ 第一章「喜び以外の思いは」 第二章「わたしはわたしではない」 第三章「覚悟がすべて」 エピローグ 2017.02.10 発売予定を見つける。 2017.03.21 読書開始 2017.03.22 読了
>
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist