メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
僕がアップルで学んだこと 環境を整えれば人が変わる、組織が変わる (アスキー新書)


mzjubilee mzjubilee 星4つ 2012/04/13:ウィッシュ 2014.4.30:購入 2014.5.1:読始 2014.5.16:読了 実際にやった人が書いた本なので、読んでいてためになることが多かった。
gakitaster gakitaster 星4つ サブタイトルに集約されるが、みずから環境を変えていく事が、未来を創る気がする。 アップルのドン底時代から全盛期までを実体験した筆者だからこそ説得力があり、自分も試したいアイディアが多くあった。 整理整頓 シンプルな組織 やることとやらないことを明確に 顧客の体験をデザインする 上流工程にこだわる 準備、実行、後始末 ゆとりは創造性を育まない 自分のグループを商品化する 10年、5年、1年というタームでのリスト作成 人の期待値を生きない 考えるのは大事だが全てではない 決定事項に振り回されて柔軟性を失わない 生...
dabon dabon 星4つ 企業の中でどう生き抜くかということもあるが、自分の人生をどう生きるかということの方を強く感じた。 そのエッセンスが「己を磨く」の章に示されている。 ・本当にやりたいこと  「人生の最後の日々を豊かに生きる人は、たいていその日ごとの目標を持っている。」  もしあと10年、5年、あるいは1年しか生きられないとしたら何がしたいか。それを書き出してリストにする。 ・常に身軽に行こう  人間は環境の影響を受けやすい動物です。ですから積極的に適切な環境を創り出すことで、自分をより好ましい方向に変えていくことができ...
haruyasu haruyasu 星4つ 他人の成功譚は面白いし勉強になる
genjiromikka genjiromikka 星4つ ジョブズ復帰前から復帰後の時価総額世界一になる過程をレポート。後半はそんな激変したapple を見て著者が感じた組織運営論。 ・Appleでのルール  秘密保持と自分の仕事に責任を持て ・リンゲルマン効果 集団で共同作業を行うと人数の増加に伴い一人一人が徐々に手抜きをする ・返報性の原理 他人から何かの施しを受けると何かお返しをしなければならないという気持ちに なる 準備→実行→後始末 ---------------------- ●自分の人生を生きる 他人の期待値を生きない、考えすぎない ●生活にリズムをつける 身軽に生きる、昔の生...
shu-t shu-t 以前、著者のwebコラムを読んで興味を持ったので、買ってみた。
zakrain zakrain 星4つ 腐ったリンゴはどうやって復活したのか -------------------------------------- ・スティーブが成し遂げたこと、それは従業員を仕事へと駆り立てる環境づくり   アップルの成功を支える方程式 ---------------------------- ・強さの鍵は「シンプル志向」   ・「やること」と「やらないこと」を明確にする   ・売れる製品やサービスを創るうえで最も集中すべきとことは、明確な製品コンセプトを定義し、それを崩さず製品化にたどり着くこと   ・コンセプトが顧客のメリットを簡潔に表現できるか   ・優れたデザインは役に立ち、問題を...
hiotsuka117 hiotsuka117 星5つ アップルの日本支社及びアメリカ本社に務めた経験のある日本人から見たアップル。アップルの職場環境を含めカルチャーを知る上で面白い一冊だと思う。
znfnln znfnln 星1つ 「アップルから学んだ」に期待しすぎて読むと拍子抜けする。著者が学んだことも、アドバイスしていることも期待はずれ。そんなことは他のビジネス書にもっといいことが書いてある、アップルにいたんだからもっと面白いことはなかったのかというのが率直な感想。
database database 星4つ ■環境を変えれば人も変わる。 ・職場は常に整理整頓。それが実績を上げる最短距離。 ■本当の意味での改革をスタートさせてのはアメリオ。 ・最大の功績は、会社の整理整頓をしたこと。 ・能書きはいいから利益を生む仕事をしろ! ■シンプルなのは製品だけでなく、ありとあらゆる部分がとにかくシンプル。 ・守るべきルールは最小限。「秘密保持」と「自分の仕事には責任を持て」 ・「やること」と「やらないこと」を明確にする。 ■優れた製品やサービスを開発するには、上流の工程にフォーカスする。 ・顧客のメリットを明確に定義する...
koichi koichi 星3つ ウィッシュ ●第1章 腐ったリンゴはどうやって復活したのか 環境が変わると人も変わる/暗黒時代のアップル/船頭のいない船/アメリオが始めた整理整頓/スティーブの恐怖政治/半信半疑で始まったiMacの開発/新生アップルの誕生 ●第2章 アップルの成功を支える方程式 強さの鍵は 「シンプル志向」/「シンプルな組織」 は動きが機敏/守るべき ルールは最小限に/整理できるところから手を付けよう/「やること」 と 「や らないこと」 を明確にする/「やらないこと」 もキチンと決める/会社の強 み・弱みを知る/ひとつのことに 「フォーカ...
shisha shisha 404 Blog Not Found:責任者出てきた - 書評 - 僕がアップルで学んだこと http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51785269.html
connectedtokyo connectedtokyo 星4つ ライフワーク フォーカス シンプル デザイン
saf1 saf1 星5つ 非常に興味深い内容でした。また、「転落の一途にあった状況下のApple社員が輝ける21世紀を迎えるまで働き続けた」あと、Appleとの契約に制限を受けながらもその職場環境を明かしてくれた貴重な書だと思います。 これは、自分の今の職場環境でも適用が可能な参考書だと思います。
myup16 myup16 星4つ 元AppleのシニアマネージャーによるAppleではたらいた経験から得た仕事論。前半は『Steve Jobs』『Inside Apple』と内容が重なる部分もあるが、個人的に面白かったのは後半のAppleの社内政治の話。米国外資系企業で生き残るための社内政治を乗り切る具体的なノウハウが書かれていて大変興味深かった。「自分の認知度を上げ、立ち位置を築いていくことがいちばん賢い社内政治の付き合い方です」という箇所が印象的。
miura miura 星4つ 350あったプロジェクトを10まで減らしてパワーを集中させたのがアップル成功の一因でした。そこまで思い切って減らしたのは凄いなー
oniprog oniprog 星3つ 面白かった。アップルにもダメなときがあったんだなとわかった。 また、アップルの社内競争が激烈であるとか、上流のデザインをしっかり作ってそれを劣化させないようにする、とか、参考になった。 また、自由すぎると逆に創造性が狭められるとかも書いてあった。 忘れた頃に再読したい本の1つです
ummo ummo アップル本社で長らく管理職を勤めた日本人の本。中身は意外と普通のビジネス本。アップル内部の話はあまり多くない。
kousuke1978 kousuke1978 アップルにおいても大事なことは 同じだということがわかった。
masateru masateru 星5つ 色々と勉強になることが多かったので、どこかにまとめよう!
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist