メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
野村再生工場 ――叱り方、褒め方、教え方 (角川oneテーマ21 A 86)
Amazon価格: 761円 (2017年05月29日 05時16分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


nomitomo nomitomo 星5つ 2015年2月5日に読了しました! 2015年14冊目です。 「失敗」と書いて「せいちょう」と読む。
bigwave18 bigwave18 技術がなければ頭を使うべし。
sinn356f sinn356f ウィッシュ 『野村再生工場』野村克也/角川oneテーマ21 人材の的確な把握、選手の再生、強固な目標の認識など、プロ野球チームを何度も優勝に導いた名将がリーダー論、指導論を語る。部下の育成に悩むマネジャー必読の書。
mash450 mash450 東広島のブックオフで購入
dai8star dai8star 140201
garnet-star garnet-star 星4つ やっぱりこの人凄いんだろうなー
yamaarashi yamaarashi ブックマラソン
team2allegro team2allegro 星4つ 南海、ヤクルト、阪神、楽天...多くのチームを率いてきた野村監督の選手再生術。 そして彼の現役時代の章が面白い。戦略的に考えぬいてのし上がってきた選手なんだと認識。ID野球が生まれるわけだ。 自己限定を捨てさせる 欲から入って、欲から離れる
james james ウィッシュ 
kydoor kydoor 星5つ 色々再発見 ・再生対象(育成)を日ごろから観察し、ベストなタイミングで  ・チャンスは気づき→疑問を感じ→受け入れ態勢ができた時  ・ただし直ぐには教えない、まず自分で考えること ・エースとは  ・チームの危機を救う存在  ・チームの鑑であること ・本当に楽しむ(enjoy)とは  ・全てを懸けて全力を出し切ること ・再生するには  ・闘争心を持つこと
okidokikids okidokikids 星4つ ノムさんと俊輔(最近読んだ) どちらもテレビでよく見るスーパースターだ。 スポーツなんて理屈よりも実践だとばかり考えていたが、彼らは実によく頭を使っているということを知った、 考えながら動く。 動くために考えるのか。 スポーツ選手ですらこうなのだから、頭を働かせることが仕事の僕はさらに上を目指したい。 引き出しをもっともっと増やさないと、、、
m-yamagu m-yamagu 星3つ  実例を通した野村監督の教育論。 特に、直近の楽天での話は面白い。他は、既刊本とほぼ同じ内容だが、いつも関心させられる。
cookie cookie 星4つ 才能ある天才にどうしても勝てなかったときからずっと考え続けて、 相手を出しぬいた監督らしい考え方が凝縮されている。 そのためには観察と記録の重要性が示されているが、本書を読んで理解できた。 言い換えれば、誰でも考えるだけでなんとかなるのでは?と感じてしまうが、 それは並大抵の努力ではいけないのだろう。
ymnh ymnh 那覇市立図書館
h_kaoru h_kaoru 星4つ 去年山崎の本を読んだのでついでに野村監督のも読んでみました 以前も思ったけれど、野球って深い もともと野球が深いのではなく、考えれば考えるほど考える余地があるスポーツなんだなと思う、、 でもスポーツに限らずどんな商売でも通じることであり、弱者が強者を倒すことは不可能ではない、もちろん頭脳を駆使することが大前提です。 あと、人を活かすということは愛ですね、、愛がないと抜擢できない。
ryokichit ryokichit 星4つ 実行できるかが問題
birmania birmania BBM
nowforever nowforever 星4つ ヒンズー教の言葉だそうです。(PP42-43) ”心が変われば態度が変わる、  態度が変われば行動が変わる、  行動が変われば習慣が変わる、  習慣が変われば人格が変わる、  人格が変われば運命が変わる、  運命が変われば人生が変わる。”
botty botty 「楽しむ」という言葉は、実は非常に深い言葉である。英語では「ENJOY」というが、それは持てる力をすべて出し切るという意味合いが強いそうだ。すべてを懸けて全力を尽くしてこそ、「楽しい」のである。そこが「FUN」との違いなのである。最近の若い選手は、「楽しむ」という言葉を「FUN」の意味で使っているような気がしてならない。  (P40より)
takenoshin takenoshin 
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist