メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
戦略は「1杯のコーヒー」から学べ! (ビジネス・経済)
Amazon価格: 1,512円 (2017年10月21日 04時47分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


strangechameleon strangechameleon 読みたい
keiths keiths 星4つ 戦略を色々と理解できておもしろい。話としても飽きることなく、最後までいけた。
maekazu maekazu 星4つ 再読
amuzak0831 amuzak0831 星3つ 1.ドトールの本当の勝因は「低価格戦略」ではない 2.「邪道」と言われた缶コーヒーでUCCが成功した理由 3.マクドナルドがプレミアムローストで目指したもの 4.「コーヒーの香り」を失ったスタバが考え続けたこと 5.ネスレはなぜコーヒーマシンを無償で提供するのか? 6.5度目の正直で大ヒットしたセブンカフェ 7.「コーヒー界のアップル」ブルーボトルの第3の波 8.お客はカフェの「何に」お金を払うのか? 9.サステイナブルでないコーヒーは生き残れない 10.スタバが広告費をほとんどかけない理由とは?
kotsuna kotsuna 星4つ  マクドナルド、セブン-イレブン、UCC、スターバックス、ドトールコーヒーなどを例に、いかにしてマーケティングに成功したか、もしくは失敗したかが書かれており、『100円のコーラを1,000円で売る方法』同様に、楽しく、そしてマーケティングについてわかりやすく読むことができた。  とくにこのシリーズの面白いところは、ストーリー展開とキャラクター作りではないかと思う。キャラクターに個性があり、そして流れるようなストーリー。その随所に秘めたマーケティングネタがうまく調和しており、どんどん読ませてくれる。ぜひ...
butapy butapy 星1つ 珈琲の勉強にはなったが、それ以上のものはナシ。
m_tanigu2 m_tanigu2 星5つ 「100円のコーラを1000円で売る方法」に雰囲気が似てるなと思ったら...同じ著者でした。小説風に書かれているので、非常に読みやすくなっています。 コーヒーに関わる産業のみにターゲットを絞ってなお、これだけのマーケティング戦略がある。そして、それらの解説を上手くまとめあげる著者の手腕に恐れ入ります。
suzukuru suzukuru 星3つ 基本的な経営戦略をコーヒー提供する企業をベースに紹介している。お手軽な本。 戦略論とリアルが繋がっていない人には解りやすいと思う。
toshi_fukushima toshi_fukushima 星4つ コーヒー業界は、マーケティングを学ぶには、様々な事例があり、おもしろい。ドトール、7-11、UCC、マクドナルド、ネスレなどを取り上げて、コトラーなどのマーケティングの理論を学ぶ。小説仕立てになっているので、わかりやすく理解できるであろう。
tooya0427 tooya0427 星5つ 100円コーラシリーズの永井孝尚さんの著書 コーヒーが好きな自分からしたら身近な例で(コンビニ100円コーヒーなど)数々の経営戦略を学べた本でもありました。6杯目、7杯目の強み等の話は会社だけでなく、自分に置き換えて考えるのにも使えます。ただし、あくまで数ある戦略のうち何点か絞って書いていますので、読む人によっては物足りないところはあると思います。なので、とっかかりとして読み、詳しく知りたいと思えば巻末に載っている本を読むのが時間的にも有効に使えると思います。
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist