メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
「処方せん」的読書術  心を強くする読み方、選び方、使い方 (oneテーマ21)
Amazon価格: - 円 (2017年08月20日 01時52分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


nomitomo nomitomo 星5つ 2017年8月13日に読了! 2017年500冊目。 メンタルを鍛えるための「心を強くする読書術」を説いた本。 心のメンテナンスとして読書を活用することもできる。何の本が自分のメンタルに効くのかは人それぞれ。多くの本を読んで、メンテナンスが必要なときに読むべき本を自分で見つける。
nomitomo nomitomo 星5つ ​2015年12月3日に読了しました! 2015年249冊目です。 読書は自分の心を癒やしたり強くしたり力もある。 心の支えになる本を探しに今日も明日も本屋へ足を運ぼう。
mamezo98 mamezo98 星2つ もうちょっと推薦図書がいっぱい載ってるかと思ったら、 意外に本のおすすめは少なかった。各章の終わりにまとめてちょこっとあるだけ。 それよりも読書を日常の生活にどう生かすか、 悩んだとき、不安なときなんかに読書をどう使うかについて言及されてた。 ただ、もうちょっとそれぞれについて、具体的な内容が欲しかった。 著者は、こんなときにこんな本を使って、こういう解釈をして、こう立ち直ったとか。
nwannabe nwannabe 奥野さんのほんの中で一番自分にしっくりくる、落ち着いた感じがした。紹介されたブックガイド、スーパー温泉、新幹線、たぶん試してみることになるだろう。
hmdream hmdream 星4つ <目次> 序章 生きづらい時代だから本を読む 第一章 不安をしずめる読書(鎮静剤) 第二章 前向きな気持ちを起こす読書(気付け薬) 第三章 折れない心を作るための読書(栄養剤) 第四章 自分を取り戻すための読書(体質改善) 第五章 もっとメンタルに効かせるための工夫 僕は、不安は次の二つに大別できると思っています。 ・正しい不安・・・心配することで正しい判断ができたり、身の安全が図れること ・想像上の不安・・・考えても仕方がなかったり、自分だけではどうにもならない、または対策してもタカがしれているよ...
maekazu maekazu 星3つ ビジネス書作家っぽくない読書に対してこうゆう考え方もありかと。
kun-maa kun-maa 星3つ よくある「知識を得るための読書術」や「楽しむための読書術」の本ではない。どのように本を心の支えにしていくか、不安なとき、意欲がわかないとき、へこたれそうなときなど、心の状態ごとに、どう本を使って乗り切るかということを著者の実体験から述べている本である。 心を強くするための読書は、万人向けではなく、ひとりひとりのものでなくては効き目がない。だから、本書で取り上げている本についても、多岐にわたっており、読者が少しでも自分にあった本と出会うことができ、自分だけの「処方せん」的読書術を見つけることがで...
awaheita awaheita 星3つ 奥野宣之著   大学生や社会人になって、少しは本でも読まなきゃヤバいかも、と苦行のように読書している方にオススメの一冊です。 ベストセラーやみんなが名著と勧める本でも、自分に合わない本は合わない、市販薬とは違って、その人に合った薬を出してくれる処方せんのような読書をしよう、という内容に心が楽になる方も多いのではないでしょうか。 私は読書が好きですが、これまで読書会などに行っても少し違和感あったんですね。 その理由が本書でようやく判明。 仕事上の必要にせまられて読む本以外は、自分が楽しめる本、自分が...
kotsuna kotsuna 星3つ 1冊のノートにまとめましょうシリーズの著者 奥野さんの読書論。具体化な読み方を奥野さんの経験を元に書かれており、エッセイとしては面白いと感じた。ただ自分が実践するとして読むと、自分にはちょっと合わない。
nao-sugar nao-sugar 星4つ 本の読み方を著者の主観的立場で語っている。 その内容で参考になる点が多いし、共感する部分もたくさんある。
kangarubiyori kangarubiyori 星2つ 以前読んだ『情報は1冊のノートにまとめなさい』の著者が書いた新刊。 「処方せん」と「読書術」というキーワードに反応して読んでみたがイマイチ。
ohhmoretsu ohhmoretsu 今回読んだ本は どういったらいいんでしょう。変な意味ではなくて、 読書の効能効果を具体的に説明してます。 響いたとことは、 1)ネット書店とリアル書店、古本屋の使い方 2)本の自宅での並べ方 というところ。 自分もまさしくそのように使い分けてます。
hamachobi hamachobi 星5つ 「1冊のノート」シリーズで有名な奥野宣之氏の今までの著作とは、ちょっと変わった本。今回は、タイトルこそ「読書術」とついているが、世の中に氾濫している読書術の本とは、一線を画している内容になっている。 ここ数年のビジネス本ブームの中でも、「読書術」関係の本もかなり多く出版されているが、どれも当然のことながら、読書がいかにビジネスの成功に役立つかといった即効的な読書術の本が多い。そんな中で、この本は、「処方せん」というタイトルどおり、ビジネス、人生の成功という目的に取り憑かれた人々の心を癒すような...
msapplemaster msapplemaster 星4つ 120527(日)#B 熟読はしてないけどすごくおもしろかったです。同様の視点で私も読書をしているところも。刺激を受けていくつか紹介されていた書籍を買ってしまいました。この著者はやっぱり相性がいいのだなと実感。 120525(金)>120527(日) ----- ()
ichiryuu ichiryuu 著者、奥野氏の人柄とこだわりが全面に展開されていて、著者を知っているだけに面白さ倍増だった。 私自身も含めて、読書とはもっと自由な活動であるべきと自戒の念を持つ機会を与えてくれたことに感謝。 今までありそうでなかった読書術!
tkaneko tkaneko 星4つ この著者の本は、なぜだか欠かさず読んでしまう。 その理由がこの本を読んでわかったような気がする。 自分で自分のことを「弱い」と思っているからだ。 その謙虚さに惹きつけられてしまうのだと思う。 「メンヘル文庫」「神棚」など、ネーミングも面白い。 [続きを読む]
takahyan takahyan 星4つ ・「社会人の悩み本」は「7つの習慣」と「人を動かす」が元ネタ。 ・古典は心を強くする本の大本命。わざと遅く読む。 ・心に響いたシーンを読み返して、心をコントロールする。 ・落ち着きたいときは本を1ページ書き写す。 ・本棚の中に神棚(師匠コーナー)を作る。 ・週に一度は「こもり読み」 ・読書ノートは主観的な言葉を書く。
ocurambo ocurambo 作者がほぼ同年代なのにびっくり。
strange_days strange_days 星3つ 「読書に纏わる行為」に薬理効果を見出して、メンタルに作用させようとする試み。 音楽ではこういった聴き方は珍しくないので、何故今までそのアナロジーを読書に当てはめなかったのか不思議。
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist