メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
書く力 私たちはこうして文章を磨いた (朝日新書)
Amazon価格: 778円 (2017年11月21日 03時55分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


skimura2 skimura2 竹内政明氏をしらなかったが読売新聞でコラムを書いている人とのこと。名文はいかにして生まれるか。 やはり影での努力や名文といわれるものとストックしておいて、ここぞというときに文章として書いて いく。やはり経験、知見が問われるのだと再認識した。はじめから天才的に文章がうまいという人は いないのだなと思った。ということは誰にも名文家になれるということ。ようは努力次第ということ。
suburibilly suburibilly 星4つ ・なんでもいいから書いてみる。そうすることで、自分の考えがまとまってくる ・コラムの冒頭だけを読んで先の展開を予想する ・「すごく悪いこをした犯人の弁護士になったら、自分はどうするか」という思考実験をする ・どうすればよい短文が書けるようになるか。「削る練習」しかない ・「これは誰に読んでもらうのか」を意識する ・時間を置いて自分が書いた文章を読み直す。「あのへんはどう書いたっけな」と細かな表現については忘れるくらい時間を空けてから読み直す ・文章修練のために名文を書き写す。一字一句を追うことで、...
yasufukuda yasufukuda 12-2-3
ohsl-books ohsl-books 文章をかくというのは難しい。文章は人にきちんと意味が伝わるのかどうかが大切です。 今、テレビのニュース解説でも有名な池上彰と名文家竹内政明の2人が、誰が読んでもわかる文章の書き方を伝授してくれます。 テーマの決め方、構成方法、表現方法など参考になるのではと思います。 受験で小論文を書く生徒にもいいかもしれません。 [NDC] 816 [情報入手先] 新聞 [テーマ] 平成28年度第4回美作支部司書部会/8類
tabetayo tabetayo これが名文と言われてもわからない文があった。 解説をされると理解できたが、自分の能力の低さにがっかりした。 書き写しは自分もやってみようかと思った。
nao-sugar nao-sugar 星4つ 書く職人2人の対談。 言葉遊びと言えばそうだが、奥の深さと考え方が人並みハズレてて 圧倒される。 書くことと、話すことと、読むことが本当に好きな2人だとよくわかる
marubeg marubeg 星4つ 何かを伝えるためには、文章力、ひいては書く力が必要だと思い手に取った1冊。著者ふたりの対談を通して、様々な文章力を磨くヒントがあり、一つずつ自分自身の文章力向上に役立てたいと思えた。
hosen-hsl hosen-hsl 816
seqkblnw seqkblnw 自分がわかっていることを書く テーマと「自分」をつなぐブリッジが必ずあるはず。まずはそれを見つける。 小さな話から入って、大きな話につなげる。こうしたスケールの違う話をつなげることで、文章の展開は読者の予想のつかないものになる。 「何でもいいから書いてみる」 パソコンの電源を入れて、文字を置いてみる。そうすることで、自分の考えがまとまってくる。実際に文字にすると、自分でそれを客観的に「読む」ことができるようになる。 「書くべき要素」をまず書き出してしまう。全体の構成は、自分で書き出したその要...
kazumediamarker kazumediamarker 星2つ 池上彰 竹内政明:書く力 19.書くべきテーマを明確にする 28.材料を書き出す。 48.原稿に必要な部品は自然と目の前に現れるのではなくて、自分から探しに行く 70.自分が本当にわかっていることを、自分の言葉で書くことが基本 144.時間をおいて読み直すことで、すこしはマシなものがかけるようになる 157.名文を軟度も書き写して、自分の身体の中に刻み込んで、いつでも使えるようにしておく 168.文章のリズムを整えるために、体言止めは有効。音楽でいう「転調」のきっかけを作れる。もう一歩踏み込んだ表現を使用と思うと、...
aikeaguinea62 aikeaguinea62 新聞のコラムニストと、池上さんの対談。やはりコラムは少し特殊だが、それなりに文章が上達するコツやヒントがあって、とてもためになった。良い文章を何度も書き写すというのは、ちょっとやってみようと思った。
>
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist