メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
朝日新聞記者のネット情報活用術 (朝日新書)
Amazon価格: - 円 (2017年09月27日 03時11分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


eniac eniac → ◎
strangechameleon strangechameleon 読み終わった
nakam33 nakam33 函南図書館 題名に騙された。朝日新聞記者のという。この題名によって何か特別な意味があればいいが、全くない。誰が書いても同じ内容しか出てこなかった。
hosen-hsl hosen-hsl 007.58
nisikawatakara nisikawatakara 星1つ 雑多な個人メモ 朝日がこんな本を出すのか
gooska1002 gooska1002 ウィッシュ まとめ読み
kjmtky kjmtky 海老名久美(CNET2012/08/11):インターネットを使って、モノ、人、情報にどのようにアクセスするのか、また、収集した情報をどのように活かすのかが丁寧に説明されている。
xiaolin xiaolin 「朝日新聞記者の」とタイトルにはあるが、「新聞記者だから」「『朝日』だから」アクセスできる情報や方法があるというわけではなく、「誰でもできるやり方」で、「誰でも見られる情報」を、新聞記者という仕事にどう活かしているかということが書いてある。新聞記者にしか役に立たない本かというと、そういうことではなく、誰でも身につけたいと思う「ネットにあふれる情報の活用術」を、実例(世界のニュースや、著者の専門分野、書いた記事)とともに紹介しており、手に入れた情報をどう結実させるかということでは、ほかの仕事や...
tka3 tka3 星4つ P.123 見出しを最初に付ける 記者として、デスクや先輩記者に言われ続けたことは「一言で言うと、どういうことなんだ」です。 「一言で言うと」がいえるということは、その現行の確信を簡潔に、わかりやすく説明できるということです。つまり書くべき事の要点が頭の中で整理できていて、少なくtも、現行の小間仮名設計図が形になっていると言うことです。 P.125 テーマから考える (1)大まかな情報を収集する。 (2)テーマの全体像をつかむ (3)より具体的なテーマに絞り込む という作業を繰り返すと言うことになります。 P.12...
amazoness amazoness 星3つ 意外に有用でした。 マスコミが2ちゃんねるでネタを拾っているというのは、あながちウソでもなかったんだなあ。
sickboy sickboy 星3つ ネット環境の進化によって、知るべき情報、知らなくていい情報の精査や、新たな守るべくルールの誕生などで扱うのは難しくなっている気がします。そのような情報の海をうまく泳ぎきる手法を学びたくて購入通読 通読してみると、記者としての著者がどのようにネットと向き合い、どのように情報の海を泳いできたのか、利用する際のコツ、ルールなどを記載してくれている。それぞれのネットの利用シーンを「収集」「保存」「確認」「編集」「発信共有」「安全」の角度からどのようなツール、どのようなことを意識して利用するべきかなどを...
ryu0038 ryu0038 星4つ 基本的な活用法を列挙した上で、朝日記者らしく、あるべき論を展開。
harpoon harpoon 星4つ ネット利用の仕方を新人記者向きに解説する本。けっこう役に立つ。特に情報の確認のとりかた、整理、発信のしかたについての部分。
gauna gauna 目次 序章 ネット力7つの基礎知識 その1 ネットで情報を集める(収集) その2 情報をためる(保存) その3 情報を見極める(確認) その4 情報のまとめ方(編集) その5 ソーシャルが変えるメディア空間(発信・共有) その6 ソーシャルの実践(発信・共有) その7 ルールを考える(安全) 終章 ネットが現実を動かす
sazanami-jp sazanami-jp http://bit.ly/HBZDzz から
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist