メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
サラリーマンは2度破産する (朝日新書)
Amazon価格: - 円 (2017年06月26日 19時35分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


tizuru tizuru 
dekadanna dekadanna 星3つ 1000万円の年収があるサラリーマンであっても決して安泰ではないことを説いている。ライフプランの重要性を説き、お金持ちスパイラルの人々の行動を参考にするように進めている。 お金持ちの人々の行動 ・大きな買い物でしっかり比較検討し、また値切りも忘れない。 ・何も考えずにただ浪費する人と、常に効率的にお金を使うことを考えている人の違い。
nao-sugar nao-sugar 星3つ ライフプランを少し考えたことのある人には至極当たり前の内容。 サラリーマンの金銭感覚を見直すには良い本
evine462 evine462 星2つ 家計は、会社経営と同じ。 長期事業計画(ライフプラン)と、その資金のメドを立ててから、 実行に移す必要がある。 そして日々の資金繰り(家計簿)も見直していく必要がある。
marikolj marikolj 星4つ Kinoppy
ysasa-ldbr ysasa-ldbr 2006/10/18 , 2007/1/12ru
y-kikuchi y-kikuchi 星3つ しっかり、ライフプランを立てて人生設計しないと、破産しますよ~という本。
akasen akasen 星3つ フツーのサラリーマン向け金融指南本。コレ系の本は巷に溢れかえっててこの本である必然性は薄いんだが、他書よりも”何を指標とするか”に重点をおいているので、資産運用を実施するにあたって目標が立てやすくなるところは良い。何もしていない実感があるなら読んでおいて損はない一冊。
ayumi1231 ayumi1231 星4つ 半年以上前、社内で開催したマネー講座がきっかけで読んでみた書籍。これまでは旦那と二人で稼いで、好き勝手使ってきましたが、これからは子供も出来ることだし、しっかりお金のこと、考えていこうと思った本でした。
pkabalsa66 pkabalsa66 星4つ 給料が増えず、終身雇用崩壊した時代を生き抜く家計マネープラン読本。ライフプランの立て方をどのように考えたら良いか丁寧に書かれている。節約から投資まで。目からウロコなんてことはな買ったが、一度自分も考えてみたくなった。特にバブルを経験した親世代に育った中流家庭が注意しなくてはいけないこと書かれている。 これを読んだ後、同級生が結婚と同時に住宅・マンションを購入したりしているのが心配になった・・・
tajitsu1126 tajitsu1126 リスク回避のための節約と貯蓄。あとは、資産運用できる位の「余裕資金」を作ることが本年度の目標。
fujii_toshiki fujii_toshiki 星5つ ライフプランシートを作成の上,いつ,何に,いくらお金が必要かをシミュレーションすることの重要性を説く.
rumbaba rumbaba 星4つ ウィッシュ アトで買いなおそう
h_kaoru h_kaoru 星2つ とくにかわり映えのない内容です。 典型的なFPが書いた本 タイトルに力があるが内容に力がない、、
yellow5 yellow5 
ykita0710 ykita0710 星2つ 住宅を借りるか買うかのシミュレーションの結果 ・年率1%デフレなら借りるほうが得 ・2%インフレなら30年後に逆転(買うほうが得になる) (最近、この議論には答えがないような気がしてきた)
masanori masanori 星4つ  以前、自分でライフプランシート&死亡時の必要額算出を行ったときに考えていたことは正しいと勇気付けられた本。 後半にある資産運用についての行は、人それぞれだと思うけど、前半~中盤までの住宅購入・保険の加入などについては気づきも多く勉強になった。 自分でライフプランを立てたことがない人、新社会人や結婚、出産でライフステージが変わった人などにお勧め。 以下、読書メモ ------------------------------------------------------------ ・クルマの保有コスト、どこまで具体的に考えているか?  ⇒ 例えば、18...
kangarubiyori kangarubiyori 星1つ だめ。 書いてある内容は初歩的な物ばかりで、目新しい物はほとんどなかった。 サラリーマンが破綻しないための対策が抽象的すぎて、参考にならない。
kazupochi kazupochi 星2つ 借りて読んだ。住宅、生命保険、投資等カバーする領域は広いが中途半端で浅い内容。
museo museo 星3つ リスクが高いのは、実は「中の上」のサラリーマン世帯だった!というのは納得です。 内容自体は平凡ですが、本書で提唱されている「ライフプラン・シート」を記入するだけでも価値があります。
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist