メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉 (岩波現代文庫)
Amazon価格: 1,188円 (2017年04月24日 12時35分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


akasen akasen 星5つ 憧れが失望に変わる一瞬というのが、知らなかった一面に気付かされた時だというならば、既に亡くなった人物であれば、失望させられることもないかもしれない。 量子力学の大家として知られるファインマンの一生は、誰もが憧れずにはいられない、主人公のようなエピソードに満ちている。 どんな相手にも物怖じしない歯に絹着せぬ物言い、何にでも挑戦できる飽くなき探究心、ユーモアと皮肉に満ちたイタズラ心、一筋縄ではいかないライバルや偉大な先達たち。 この本は、いや、彼の人生は、個人の嗜好と、それを可能にする才能と、社...
totokokubo totokokubo ブックオフへ売却
resorufin resorufin 2014/08/29
izzz izzz 
kuwataka kuwataka ウィッシュ (Blog「ネットで情報収集するより濃密な学びが得られる良書」より) 彼は心の底から溢れ出る好奇心に従い、世の中のありとあらゆるものを楽しむための材料として学び、遊び続けた。自分が思うままに生きる様は、周りから煙たがられていたもかもしれない。敵も多かったかもしれない。それでも自分の好奇心に忠実に、周囲の目を気にせずに逆境も楽しんでいく彼の生は常に輝きに満ちていたではないか。 この本では彼の生涯が、幼少期から実に事細かく描かれている。もっと自分の欲望に忠実に従って生きていいんだと肩の力を抜いてくれる...
kjmtky kjmtky ・茂木健一郎「頭は「本の読み方」で磨かれる」(2015/7):一生使える財産としての厳選10冊 ・Literally(2016/3/12):ネットで情報収集するより何倍も濃密な学びが得られる10冊の良書
piyoyon24 piyoyon24 星4つ 斎藤先生他、多くの読書術本で紹介されていたので、読んでみた。好奇心おおせいなファイマンさんの研究者人生を、非常に楽しく読めた。
heylennon heylennon リチャード・ファインマンが、自分の夢について観察しようとしていたときの話を書いているが、僕が自分自身の先延ばしの心理を観察しているときも同じような感じだった。ファインマンは、毎晩眠りに落ちるときに自分自身になにが起こっているかを観察しようとしていた。 -- (略)それはある夜例のごとく夢を見ながらその観察をしていたときのことだ。(略)と、僕は自分が上向きに寝ていて、真鍮の棒を枕にしているのに気がついた。頭のうしろを触ってみると、これが柔らかい。僕はそこで、「ははあ。この真鍮の棒が僕の視覚領を刺激...
lovesawa lovesawa 64:なぜだろう。なぜ、なぜだろうと思うのだろう。なぜだろうと思うのはなぜだろう。なぜ、なぜだろうと思うのだろう。 93:MITは技師をやとって完璧なサイクロトロンを実験に使っていたが、プリンストンでは自分たちの手で作り上げた装置で研究しており、小さいしぼろぼろだが何がどう働いているかがちゃんとわかっていた、そのためどんどん論文が出された 107:哲学者ホワイトヘッドの「Essential object(本質的対象)」:ファインマン「煉瓦は本質的対象ですか?」…哲学者はあれだけ討論をしてきたくせに、煉瓦のような簡単なもの...
nakamasa40 nakamasa40 ◆内容(「BOOK」データベースより) 20世紀アメリカの独創的物理学者が、奇想天外な話題に満ちた自らの体験をユーモアたっぷりに語る。持ち前の探求心と、大のいたずら好きは少年時代から変わらぬまま。大学時代や戦時下の研究所生活でも、周囲はいつもファインマンさんにしてやられる。愉快なエピソードのなかに、科学への真摯な情熱を伝える好読物。
tabasa tabasa 星4つ 文庫: 343ページ リチャード・F・ファインマンの十代前半から五十代後半の逸話集 ファインマンさんは、天才物理学者だ そんなファインマンさんを構成するのは好奇心、行動力、観察力、追究心、発想力、直感力etc… ファインマンさんは、人生を楽しむ天才でもある いたずら好きなファインマンさんの最高のおもちゃは、恐らく自分の頭脳である その頭脳をフルに活用し、人を驚かせる方法を考え出すのだ ファインマンさんは、謎や暗号が大好きだ パズル狂が高じて、「金庫破りの名人」の異名までもつ そして、なによりファイ...
miharu314 miharu314 星5つ 科学者が書いた本で、 これほどまで笑えて、泣けて、 そして科学に対して熱く語っている本はないのではないでしょうか? 理系文系、そして年齢関係なく読んで欲しい本ですね。 科学者が書いた本ですが、難しい科学の話ではないので、 科学の知識がなくても楽しめます。 科学者としてだけではなく、学ぶものとして、 そして教えるものとして大切なことがたくさん詰まっています。 下巻も楽しみでなりません^~^/
dozo dozo コメント
dekadanna dekadanna 星3つ ファインマンさんの体験集。いたずら好きの面をかき集めた、面白いエッセイ集というところ。ただ出てくる出演者が蒼々たる物理学の大家ばかりなのが、ファインマンさんなのだろう。
atsurbod2 atsurbod2 元マイクロソフト日本法人社長 成毛さん 推薦
mstk mstk メモあり。 [続きを読む]
papy papy 鶴橋ブックオフ
pbbc pbbc ¥ 448 + ¥ 250 (関東への配送料) 中古品 - 非常に良い 【購入後48時間以内に弊社より発送[12/31・1/1のみ休業]】中古品のため使用感はありますが外観上、綺麗なものを販売しております。※新品同様の品質ではありません(書き込みやマーカーがない状態)万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイ... » 続きを読む ネットオフ
myup16 myup16 星4つ ノーベル賞物理学者の回顧録。上下巻を通じて数式や理論などの難解な記述は少なく、サイモン・シンの『フェルマーの最終定理』のような、文系頭でも理解できる理系ワールドが面白いエピソードとともに展開され、あっという間に読了。好奇心とユーモア、時に反骨心あふれるファインマンの人柄がにじみ出る一冊。
sinn356f sinn356f ウィッシュ 『ご冗談でしょう、ファインマンさん』R・P・ファインマン/岩波現代文庫 好奇心いっぱいのノーベル賞物理学者が、自身の常識破りの人生をユーモラスに語る。「ここまでキテレツな人でも大丈夫なんだ、と安心できます(笑)」。
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist