メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
幸福論 (岩波文庫)
Amazon価格: 972円 (2017年10月18日 12時41分 時点)
アラン
岩波書店 (1998-01-16)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


phantasien phantasien 星4つ  正直なところどこまで自分に読み取れたのか自信がありません。  多くの比喩の中にどういう意味が込められているのか理解できない部分がありました。  それでも、前向きに生きようとすることの価値だけは自分なりにわかったつもりです。  読書中に引いた線の部分だけでも再読しようと考えております。
resorufin resorufin 2016/03/12
mstk mstk メモあり。 [続きを読む]
kjmtky kjmtky 星5つ ・小川仁志(日経おとなのOFF2016/9) ・池上政幸(最高裁判事) ・樋口裕一「名著の読書術」(2015/12) ・川村隆(日本経済新聞2013/10/6):「リーダーの本棚」 ・白取春彦「すごい本。Index」:哲学・思想 ・所由紀(「100人のプロが選んだソフトウェア開発の名著」) ・木原武一「大人のための世界の名著必読書50」:いつも上機嫌であれ ・戸田智弘「自分を変える読書」 ・出口治明「ビジネスに効く最強の読書」(20140609) ・吉田裕子「人生が変わる読書術」(2014/11/10) ・小林りん(PRESIDENT WOMAN VOL.4 2015/7) ・芹沢俊介(日本経済新聞...
iznick iznick 星4つ 幸福に関する哲学書、というよりはエッセイ集に近いです。 言葉は平易ですが、内容は結構難解だったりします。 「人は己の欲するものを得る」というくだりは、あまりにも有名です。 少し本格的な本を読みたくなった時にオススメの1冊です。
thuu_toro thuu_toro 「セビリアの理髪師」ボーマルシェ 「にんじん」ジュール・ルナール 「二人の若妻の手記」バルザック 「アンナ・カレーニナ」トルストイ 「ウィルヘルム・マイスター」ゲーテ 「死の家の記録」ドストエフスキー 「気で病む男」モリエール 「マクベス」シェイクスピア 「コンスュエロ」ジョルジュ・サンド 「情念論」デカルト
suburibilly suburibilly 星5つ ・いったいだれが、行く道を選んでから出発したか。だれも選んでいない。みんな歩き出している。どんな道もいい道なのだ。思うに、処世術とはなににもましてまず、自分とけんかをしないことである。自分が下した決心や今自分のやっている仕事において、自分とけんかをするのではなく、自分の決心や職業をりっぱにやってのけることだ ・死に対する恐怖は暇人の考えることである。さし迫った行動があれば、その行動がどんなに危険なものであってもすぐに消されてしまう考えである。戦闘はおそらく、死を考えることがもっとも少なくなる状...
trek trek 2015年038冊目
sinn356f sinn356f PRESIDENT 2011年4月18日号 ベーリンガーインゲルハイム ジャパン代表取締役社長 鳥居正男 「悲観主義は気分によるものであり、楽観主義は意志によるものである」との言葉を、ある経営者が紹介しているのを見てすぐに買って読みました。以来15年、年に2、3回は手に取ります。 タイトルは「論」ですが、幸福を論じるものではなく、様々な悩める心境や状況、それらに対する心の持ち方についての思惟を自由に綴った哲学断章(プロポ)になっています。例えば「いらだつこと」「克服」「人はみな、己が欲するものを得る」など。その時々...
y_fujiki y_fujiki 星5つ 人間は暇になるとろくなことを考えない。仕事があって少し忙しくしている方が、健やかに暮らすことができる。微笑みを絶やさず、いつも機嫌良くしていること。それが幸福になる秘訣である。何度も読み返したい一冊。
nyankoteacher nyankoteacher あまりにも平明な文章なので、却って頭に染みてこない印象。ゆ~っくり読めば、おそらく一文一文は歯ごたえがあると思うのだが、新興宗教の教祖の人生訓みたいな感じも受けてしまう。おかしいな。機会があれば再読。
georgebest1969 georgebest1969 ひさしぶりに再読。日本語の訳が抜群によいですね。一貫して幸福はあなたの気持ち次第、というプロポが続きます。
kijitora666 kijitora666 ブックオフ須坂
kisamaimomo kisamaimomo われわれは他人の幸福を考えねばならない。しかし、われわれが自分を愛する人たちのためになすことができる最善のことは、自分が幸福になることである。 幸福になることはまた、他人に対する義務でもあるのだ。 池田晶子選:大人のための哲学書案内
sannomiya sannomiya 星3つ 案ずるより産むが易し。難解さが驚くほど無い哲学断章...というか、いっそエッセイか。
sanctus5est sanctus5est 身体を動かすことの大切さ、意志の力によって幸福を求めることを繰り返し説いています。非常に現実的な考えです。 <メモ> ・誠実な思いから捧げられた祈りで、すぐに豊かなめぐみのもたらされなかったような祈りなど、およそ存在しない ・ほほ笑むことや肩をすくめることは、思いわずらっていることを遠ざける常套手段 ・あくび~不安や焦燥から遠ざかるためのもっともいい体操 ・われわれの敵はいつも想像上のものなのだ。なぜなら、想像上のものにはとらえどころが何もないから。 ・過去や未来を考えている人間が、完全に幸...
bo0ok bo0ok 9784003365625
tekesuta tekesuta どうしたって悲しみの方がよろこびより崇高に見られてしまうのはなぜなんだろうな。アランは悲しみに抵抗しなくてはといっていた。
izujun izujun 欲しかったの。岩波文庫のが。
mintku25 mintku25 星5つ 幸福になるためには強く願わねばならない。 アランの視点で哲学されている。 きっと、誰もが心のどこかでわかっているのに、見ぬふりをして過ごしていることを、幸福は自分で作るものだということを改めて思い出させてくれるのだ。 アランの文章は美しい。 日常のたわいもない場面が説得力を持ち迫ってくる。 親しい間柄の人へこそ、礼儀と思いやりを持って接しなければならないことを学んだ。 相手が聞きたがっても、世話をやくのが大好きな人であったとしても、不幸話や大袈裟な愚痴は控えなければならない。 家族の間でもまた然りで...
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist