メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
審判 (岩波文庫)
Amazon価格: 928円 (2017年11月22日 07時59分 時点)
カフカ
岩波書店 (1966-05-16)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


kjmtky kjmtky 星5つ ・橋爪大三郎「正しい本の読み方」(2017/9):必ず読むべき大著者100人リスト. ・英インディペンデント紙(honcierge2017/1):あなたの世界の見方を変えるであろう名作世界文学. ・Cass_9999(2016/2):おすすめ小説ベスト100. ・「必読書150」 ・紀田順一郎「世界の書物」 ・ノルウェー・ブック・クラブ史上最高の本ベスト100 ・Peter Boxall 1001 Books ・藤本和子(考える人2008春:海外の長篇小説ベスト100) ・磯崎憲一郎(考える人2008春:海外の長篇小説ベスト100) ・マイケル・エメリック(考える人2008春:海外の長篇小説ベスト100) ・立花...
ohba_kanari ohba_kanari 星4つ 【あらすじ】 Kについてはごく平凡なサラリーマンとしか説明のしようがない。なぜ裁判に巻きこまれることになったのか、何の裁判かも彼には全く訳がわからない。そして次第に彼はどうしようもない窮地に追いこまれてゆく。全体をおおう得体の知れない不安。カフカ(1883‐1924)はこの作品によって現代人の孤独と不安と絶望の形而上学を提示したものと言えよう。
araki0063 araki0063 柴田翔編著「はじめて学ぶドイツ文学史」(2003)紹介文献 芸術史講義<近現代3>第5章参考文献
stephn stephn 原書名:DER PROZESS 逮捕・グルーバッハ夫人との対話、それからビュルストナー嬢 最初の審理 人気のない法廷で・学生・裁判所事務局 ビュルストナー嬢の女ともだち 笞刑吏 叔父・レーニ 弁護士・工場主・画家 商人ブロック・弁護士の解約 聖堂で 最後 著者:フランツ・カフカ(Kafka, Franz, 1883-1924、チェコ・プラハ、小説家) 訳者:辻瑆(1923-、東京、ドイツ文学)
miharu314 miharu314 星5つ カフカの作品は誰にも真似できないと思います。 得体の知れない恐怖感をどの作品にも感じます。 非現実的な設定ですが、とても現実的な作品だと思います。 不安や孤独を抱えながら生活していき、 最後の絶望への歩んでいく。 城もそうですが、 未完なのがもったいなと思いながら、 未完である素晴らしさもあるのだと感じてしまいます。 ただ、終わりが唐突過ぎて・・・。 でも、この10章があるからいいのかもしれないし・・・。 っといまだに消化しきれない部分もあります。 ただ名作なのは間違いないと思います!
s00281mk s00281mk 読書
m-ppp m-ppp 星5つ すごく楽しめました!面白いって言ったら語弊があるかね 日常がじわじわ崩れていく感じというか、不安なものに苛まれていく感じというか、 知らぬ間に理由も分からず逮捕されて、色々もがくけども何も進展せず、その結末は死だってこととか。 罪とは何なのかとか、裁判所とは何かとか、 そんなことは何も解明されないでKが死んで物語が終わるところとか。必ずしもはっきりしない感じとか 言及されず解明されずに終わるところとか、好きです 個人的には「変身」よりも好みです(ただ変身読んだのだいぶ前だから、今読んだらまた印象違...
pars63 pars63 星2つ 半分で断念。いつかは再挑戦。
toshi1108 toshi1108 2007.7.5 44刷
dozeoff dozeoff 【収録作】 審判/辻瑆訳 (Franz Kafka "DER PROZESS"/1925)
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist