メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
月の満ち欠け 第157回直木賞受賞
Amazon価格: 1,728円 (2017年10月20日 23時11分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


greece greece 星2つ ★★☆☆☆
keyman1969 keyman1969 二重、三重の仕掛け?面白く読めました。
e72509 e72509 ミスミアキヒコ、瑠璃、生まれ変わり、小山内、瑠璃も玻璃も照らせば光る、正木、 ドキドキする
hosen-hsl hosen-hsl 913.6
rainygreen rainygreen 星5つ 『鳩の撃退法』が傑作だったので次作を期待していた佐藤正午。 本作で直木賞受賞、素晴らしい! 本作でも、時制の制御を軸にした構成力の確かさ、ミステリとしての完成度の高さを存分に味わうことができる。 ただテクニックが秀れているだけでなく、その話法を通じて、時空、そして人格の壁をも超えた想いの深さがぐっと伝わってくるのだ。 レンタルビデオ店での出会いから、2人が想いを深めていく過程、手探りで慎み深く、すれ違いそうな儚さ、それゆえの成就の幸福感、そして喪失感。 愛おしさに溢れる。 またまた傑作。
akinbo511 akinbo511 2017/上直木賞 新
wahei-akiyama wahei-akiyama 星2つ 時間があちこちに飛び回り、物語の核となる芽が出てこないように感じた。文体もまどろっこしい。
tomi207 tomi207 実に良かった。ストーリー展開も素晴らしい。
inok6708 inok6708 ウィッシュ 
nampaku nampaku 星4つ 2017年59冊目 書き下ろし 発行者:岡本厚 2017/4/5 322p
tisan_66 tisan_66 星5つ 久しく日本の小説を読んでいなかったので、満を持して佐藤正午の新刊を手にした。 愛する男性に再会するために輪廻転生をする女性と、それに翻弄される男性の物語。生まれ変わりを繰り返すという、ネタ的にはホラーっぽくなってもおかしくない題材なのだが、しっかり純愛の物語になっているのは、さすが佐藤正午。期待通り、どっぷりのめり込んだ。 輪廻転生というと、ファンタジー的な世界を想像するかもしれないが、それはほとんど感じない。むしろ、あり得ないけれど、どこか既視感がある、という感覚を覚える。当然としてそこにあ...
kjmtky kjmtky 佐久間文子(文藝春秋7月号)
toshi1108 toshi1108 発行日等  発行日:2017.4.5 1刷(初版)  体裁: 322頁 帯  著訳者:  書き下ろし 目次・コメント わが子と、愛した人の生まれ変わりか!
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist