メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
読了コメント(評価4以上) RSSフィード
吾輩は猫である
カテゴリ: キンドル 86 users
yoshio_2010 yoshio_2010  以前途中で挫折したけど、朝日新聞が連載したので毎日ちょっとずつだったので読めた。こんなに長編だとは最初は思わなかったなあ。猫の口を借りて漱石が考えてたことを書いたのかな。漱石の周りの人たちも出演して面白かったな。とても漱石は物知りだ。明治のエリートは漢籍、古典、そして英文などにも広く知識が豊富だ...
おかあさんの扉5  なにそれ! ?五歳児 (オレンジページムック)
カテゴリ: 本・雑誌 / ノンフィクション 19 users
gymnopedie gymnopedie  ママもパパも読んでください。笑えます。明日の育児のための栄養ドリンクとして。
殺人株式会社 (徳間文庫)
カテゴリ: 本・雑誌 / ミステリー・サスペンス・ハードボイルド 1 users
alus alus  バーのママ時枝が何者かに絞殺された。 現場からは現金及び金品が持ち去られており、死体の様子から 犯人は被害者の店の客かと思われた。 しかし、捜査は難航したところ、カップルが襲われ女性が強姦される事件が発生した。 被害者女性のテには時枝の店のマッチが握られており、 両者の事件が関係している可能性が示唆さ...
お言葉ですが…〈5〉キライなことば勢揃い (文春文庫)
カテゴリ: 本・雑誌 / エッセー・随筆 22 users
y-kikuchi y-kikuchi  日本語の勉強になるが、そこまで知らなくてもいいと思えるところまでとことん教えてもらえる素晴らしい本。 忸怩たる思い=みずから顧みて恥ずかしく感じる ということも本書で知ることができる。
賭けの考え方 (カジノブックシリーズ)
カテゴリ: 本・雑誌 / 趣味・実用 69 users
takao8051 takao8051  ポーカー用語が出てくるので少し読みにくいが、ポーカーだけではなく人生の勝ち組への指南書。
アムニジアスコープ
カテゴリ: 本・雑誌 / 文学・評論 22 users
ohba_kanari ohba_kanari  エピソードのどこまで事実なんだろう。 ・私:大震災の後のLAに住む小説家。(このLAには街中にいくつも違った「タイムゾーン」が存在し、リングと呼ばれる炎の輪が街を分断している。)「私」は新聞に架空の監督アドルフ・サールの架空の映画「マラーの死」の評論を書くが、みんながその映画を見て、自分とは違う切り口の...
新太閤記(四)<新太閤記> (角川文庫)
カテゴリ: キンドル 2 users
nagaitat nagaitat  秀吉の計略は的中した。ごく短時間の間に天下人となり、大名らに君臨するようになった秀吉にたいして、彼らは驚嘆し、また恐れてもいたが、一面には単なる幸運児と軽んずる気持ちが残っていた。しかし、故右府の盟友であり、駿遠参甲信五国の大領主、秀吉と兵を構えて六分の勝を占め、妹と母の二重の人質を取って、やっ...
医療技術評価ワークブック ―臨床・政策・ビジネスへの応用
カテゴリ: 本・雑誌 / 医学・薬学・看護学・歯科学 2 users
familydoc familydoc  研究関連書籍として購入 初学者から中~上級者まで役に立つと思われる だんだんとレベルが上がるようになっているので、どこで苦しくなるかで自分のレベルが分かります。 (自分は7章あるうちの6章目:中級レベルの手法からだんだんと歯ごたえが出てきました) ただ、基本的知識がないと最初から躓くかもしれません、そ...
第一次世界大戦史 - 諷刺画とともに見る指導者たち (中公新書)
カテゴリ: 本・雑誌 / 世界史 29 users
kinopon38 kinopon38  第1次世界大戦の通史。ボタンの掛け違いが、4年に渡る大戦争に発展するとは。大国の思惑が戦争を徒らに伸ばし、メンツの収まりのつかない状況に陥れる。20年後に再び戦争が始まるのは必然だった。
新訳  オズの魔法使い (角川つばさ文庫)
カテゴリ: 本・雑誌 / 評論・文学研究 4 users
alus alus  大竜巻で魔法使いオズの国に飛ばされたドロシー。 カンザスのお家に帰るため、オズにお願いするための旅に出る。 その途中で、脳みそを欲しがるかかし、心臓を欲しがるブリキの木こり、勇気を欲しがる弱虫ライオンが仲間に加わわって…。
昨夜のカレー、明日のパン
カテゴリ: 本・雑誌 / 文学・評論 245 users
bob_pm bob_pm  すっきり読めた。どことなくさみしくて、でもぱきっとしていて、読んだ後に爽快感があった。
粘膜人間 (角川ホラー文庫)
カテゴリ: 本・雑誌 / SF・ホラー・ファンタジー 156 users
mescon mescon  エログロを思いつくままに書き殴ったような内容。文章構成がうまいのでただの暴力小説には成り下がっていないが、河童と身長190cmの少年の対決で終わるという打ち切り少年漫画的エンディングはいかがなものか。あと痴呆化した娘の今後も描き切れていない。
神の時空 鎌倉の地龍 (講談社文庫)
カテゴリ: 本・雑誌 / ミステリー・サスペンス・ハードボイルド 4 users
nakamasa40 nakamasa40  ◆内容(「BOOK」データベースより) 由比ヶ浜で、意識不明の重体で発見された女子高生・辻曲摩季の姿が病院から消失。直後の地震で、鶴岡八幡宮の鳥居が倒壊し、さらに、源氏ゆかりの地・修善寺でも異変が発生。尋常ならざる者の影を感じた摩季の兄姉と友人の陽一は、鎌倉の殺戮史を調べはじめる。果たして、事件と怨霊...
私の行き方
カテゴリ: キンドル 5 users
nomitomo nomitomo  ​2017年3月30日に読了! 2017年198冊目。 阪急・東宝グループ創業者であり、宝塚歌劇の創始者でもある小林一三さんが、ビジネスの基本や人生哲学などを書いた本。 昭和10年に発行された「私の行き方」を電子書籍化したもの。 事業経営の神髄は基礎に重きを置く事にある。
この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)
カテゴリ: 本・雑誌 / コミック・ラノベ・BL 346 users
stephn stephn  映画の出来が素晴らしかったので、原作マンガも読むことにしました。 不思議な余韻を感じさせる柔らかいタッチの画が印象的。 昭和19年の広島と呉が舞台だけど、戦争の中でも粛々と続く日常生活が淡々と描かれていきます。 そこには、まだ悲惨さがあふれてるわけではないけど、海苔漁がだめになったり、灯火管制がしかれ...
最後の晩ごはん  師匠と弟子のオムライス (角川文庫)
カテゴリ: 本・雑誌 / 文芸作品 43 users
tinygarden tinygarden  短慮からヤクザにボコボコにされて危なかった若き日の夏神を助け、料理という希望を与えた、威勢良く怒鳴り散らすけれど憎めない夏神の師匠の営む洋食屋と、閉店するそこで行われる夏神の卒業試験。炒飯を使ったばんめし屋ならではのオムライスが美味しそう。芸能人時代の自分を切り捨てないと思い直す海里も濃やかで良い。
応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)
カテゴリ: 本・雑誌 / 日本史 167 users
kinopon38 kinopon38  応仁の乱が第1次世界大戦のミニチュア版であるという指摘は的を得ている。細川山名両氏とも短期決戦を志向していたにも関わらず、ずるずると引き伸ばされ、勝者の細川も戦後処理の渦中で分裂を起こしてしまう。新しい時代の幕開けであった。
壇蜜×西原理恵子の銭ゲバ問答「幸せはカネで買えるか」【文春e-Books】
カテゴリ: キンドル 14 users
tanaka_tax tanaka_tax  西原さん、おもしろすぎる! 壇蜜さんが結婚しない理由など、壇蜜さんはホント頭がいい。 その地頭の良さも、男性を虜にする要因である。
人生を変える言葉「ありがとう」
カテゴリ: キンドル 2 users
nomitomo nomitomo  ​2017年3月30日に読了! 2017年197冊目。 幸運になる魔法の言葉「ありがとう」の効用について書かれた本。 運を引き寄せるのは、笑顔と感謝と、「ツいてる」と思いこむこと。 最初は打算的な気持ちでかまわないから、笑顔で「ありがとう」や「ツいてる」の言葉を言い続けてみる。
相続財産は法人化で残しなさい(経営者新書)
カテゴリ: 本・雑誌 / 税金 56 users
tanaka_tax tanaka_tax  古い本なので法律が現在とは違う部分があるが、問題なし。 阿藤先生の本は愛がある。 あと3回くらい読みたい。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist