メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
読了コメント(評価4以上) - 本・雑誌  RSSフィード
死神もたまには間違えるものです。 (新潮文庫nex)
カテゴリ: 本・雑誌 / コミック・ラノベ・BL 19 users
tinygarden tinygarden  バスに同乗した名前を間違えられても訂正しない薄い会社員、趣味を隠した女子高生、定年退職した利かん気の男性、実は生臭な僧侶の四人が死神にもう死んでいると告げられる。死にたくないと思う三人と、乗り合わせた医師と将棋を楽しむようになる会社員。濃やかな人間臭さと情を寄せ付けず飄々とした死神のバランスが絶妙。
モラルの起源――実験社会科学からの問い (岩波新書)
カテゴリ: 本・雑誌 / 心理学 11 users
alm-ore alm-ore  1章から5章3節までは、経験科学の知見に基づいて、よどみ無く話が繋がっていてシビれる。 それを挟み込むように、はじめに、5章4節、おわりに では著者自身の研究へのモチベーションや試論がアツく語られていて、これまたシビれる。 一般向けにわかりやすく書いているのに、妥協もしてない感じにもシビれる。 亀田先生...
新しいパパの教科書
カテゴリ: 本・雑誌 / 暮らし・健康・子育て 41 users
gymnopedie gymnopedie  男性目線の男性向け育児書という独自のカテゴリー。また、育児に加えて、夫婦のあり方にもアドバイスが及んでいる点も特色てす。 スーパーマンみたいなパパが沢山登場するので、ここまで自分はできないなぁと、思わせてしまう点が個人的には気になりますが、意欲作です。
上司になってはいけない人たち (PHPビジネス新書)
カテゴリ: 本・雑誌 / 経営学・キャリア・MBA 41 users
ayumi1231 ayumi1231  'ひとつは仕事や部署の将来に自分なりのビジョンをもっているかどうか。二つ目は真剣に部下のことを思っているかどうか。三つ目は自分の職務に誇りを感じているかどうか。' '飲みニケーションで部下の関心を買うな' '問題がわからなければ残業ゼロを目指せ' 1つ1つ明快で分かりやすい...
1日10分 「じぶん会議」のすすめ
カテゴリ: 本・雑誌 / 人文・思想 8 users
t-yoneyama t-yoneyama  【1日10分の人生革命!】 思考の整理家・鈴木進介氏が、自分と向き合い思考を整理する1日10分の「じぶん会議」をすすめる。じぶん会議を開催し、頭の中のノイズを除去することで、仕事も人生も劇的に変わる! <3つの実践ポイント> 【1】1日10分のじぶん会議をスケジュールする 【2】「自分がコントロールできない...
旅行者の朝食 (文春文庫)
カテゴリ: 本・雑誌 / グルメ 194 users
y-kikuchi y-kikuchi  すでに読んだことのあるエッセイもあるが、安定した面白さと好奇心を刺激する書きっぷりは変わらない。 食べ物縛りの一冊 たまらなく食べたくなったのが、 ハルヴァというお菓子 飲みたくもないと思ったのが ヤギのミルク 楽しいひと時を約束してくれる本。
ものづくりの数学のすすめ 技術革新をリードする現代数学活用法
カテゴリ: 本・雑誌 / 科学・テクノロジー 1 users
nyankoteacher nyankoteacher  大学院で素粒子をやってキャノンで(数理)技術者として仕事をしながら、こつこつ二足のわらじで専門的な現代数学を自学し、ついにそちらの専門家となってしまった筆者による、「企業技術者に対する『現代数学』自学のすすめ」。 似たような本を読んだ記憶がなく、とても新鮮であった。純粋物理を大学で勉強した筆者であ...
第4次産業革命!  日本経済をこう変える (PHPビジネス新書)
カテゴリ: 本・雑誌 / IT 3 users
eisaku0330 eisaku0330  日本経済社会は本質的変革に迫られている 「デジタル革命」 既得権に身動きならない日本社会は、変革が進まない 江戸時代末期と同じ このポイントは、基本的に野口悠紀雄先生と全く同じ 賢者は賢者を知る 第四次産業革命は端緒についたばかり、誰も全体像は見えていない (1)AI (2)ロボット (3)IOT (4)ビッグ...
コーヒーが廻り世界史が廻る―近代市民社会の黒い血液 (中公新書)
カテゴリ: 本・雑誌 / 世界史 118 users
snowtop snowtop   最近の著書『アウシュヴィッツのコーヒー』が予想以上に面白かったので、同じ著者の四半世紀前に書かれた、コーヒーの誕生から世界の歴史をめぐる本を手にとってみた。  巷にはびこるコーヒーに関する書籍やお手軽ムック本とは違い、徹底的にコーヒーの起源とその世界的な普及を宗教、経済、市民の観点から追い、各...
誰からも好かれる NHKの話し方
カテゴリ: 本・雑誌 / ビジネス・経済 12 users
knmkp knmkp  誰からも好かれるNHKの話し方 ・主役は伝えるべき情報 ・「うまい話し方」ではなく「聞いてもらえる話し方」を身につける ・人は興味のある話しか聴いてくれない ・相手意識とは、「自分が聞き手と一心同体となって自分の話を客観的に聞くこと」 ・自分が伝えたい内容は、相手は求めていないかもしれない。あるいは...
夜にとろける 1
カテゴリ: 本・雑誌 / コミック・ラノベ・BL 21 users
iromoku iromoku  こういうのはすごく嫌いではない。今はこういう甘い話が読みたい気分かもしれない。
知の進化論 百科全書・グーグル・人工知能 (朝日新書)
カテゴリ: 本・雑誌 / 科学読み物 46 users
kazua kazua  Kindleで紹介 中世以前、知識とは、特権階級の独占的所有物だった。活版印刷の登場によって万人に開放され始めたそれは、インターネットの誕生で誰にでもタダで手に入るものとなった。そして人工知能の進化が、本質的な変革の時代の到来を告げる…。 ディレクトリ型のポータルサイトが伝統的な学問体系の考え方に似ている...
趣味は読書。 (ちくま文庫)
カテゴリ: 本・雑誌 / 本・図書館 119 users
kazua kazua  米原万里の「打ちのめされるようなすごい本」で推奨 ベストセラーをその売れた要因別に6類型に分類し、ユーモアたっぷりにバッサバッサと切って行くのは、なんとも痛快。本と出版業界への愛情を感じる。
アメリカ大統領制の現在 権限の弱さをどう乗り越えるか (NHKブックス)
カテゴリ: 本・雑誌 / 社会・政治 16 users
umi_ umi_  合衆国大統領に与えられている権限は、その「世界大統領」的なイメージと違って恐ろしく少ない。そもそもが、議会のポピュリズム的な暴走を抑制するために設置された役割であり、合衆国の国力伸張によって求められる役割が変わった後も憲法の条文改正が行われなかったため(司法判例に基づく解釈改憲)行政の役割が増大...
月に繭 地には果実〈中〉 (幻冬舎文庫)
カテゴリ: 本・雑誌 / 文芸作品 57 users
alus alus  人ではなく女王として扱われる孤独を知ったキエル。 かつて恋した人を失い、女王の孤独にあるディアナ。 先祖の悲願を果たすため、宇宙船の発掘を諦めないウィル・ゲイム。 ムーンレイスと地球人類の混血として苦しみ続けたテテス。 愚直なまでにディアナに忠義を尽くし、キエルをも守護するハリー大尉。 戦いの中で形見...
いとしいたべもの (文春文庫)
カテゴリ: 本・雑誌 / グルメ 16 users
bob_pm bob_pm  おなかすいたー!と叫びだしたくなるエッセイ。ひとつひとつの食べ物がほんとにイキイキしていておいしそう。手元にあってもいいなぁ。崎陽軒のシウマイ弁当がたべたい!!
あこがれ
カテゴリ: 本・雑誌 / 文学・評論 46 users
bob_pm bob_pm  旦那チョイス!わたしのすきな川上未映子らしさがでていてとてもすき。ことばがころころ、たからものみたいにはいっているかんじ。タイトルがあこがれっていうのもよい。特に第2章の苺ジャムから苺をひけばがお気に入り。
策略-ブラック学級づくり 子どもの心を奪う!クラス担任術
カテゴリ: 本・雑誌 / 人文・思想 3 users
harakucchi harakucchi  ぜんぜん「ブラック」じゃないよ。 読んだ後は,仕事を楽にして楽しめるようになるよ。
遙かなる星〈1〉パックス・アメリカーナ (トクマ・ノベルズ)
カテゴリ: 本・雑誌 / SF・ホラー・ファンタジー 9 users
iromoku iromoku  1巻は昨夜のうちに読み切ってしまった。次は2巻を……体調悪いし、読み終わるのは明日になるかもなぁ……
手天童子 (2) (講談社漫画文庫)
カテゴリ: 本・雑誌 / コミック・ラノベ・BL 3 users
nakamasa40 nakamasa40  ◆内容(「BOOK」データベースより) “暗黒死夜邪来”の正体が今明らかに!鬼獄界へ向かった手天童子郎の行く手に待ち受ける新たな敵!時空を超えた旅の果てに意外な実事が…!どんなスリリングな冒険に遭遇できるか!どんなおもしろいエピソードに寄り道するか?すべてはあなたの判断とひらめき、それにたくさんのイマジネーシ...
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist