メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
読了コメント(評価4以上) - 本・雑誌  RSSフィード
ときめき百人一首 (14歳の世渡り術)
カテゴリ: 本・雑誌 / 文学・評論 3 users
mikamika mikamika  子供の頃、家族でよくやっていた百人一首。 意味もわからずやっていたけど、以前放送されたNHKの“恋する百人一首”から俄然興味が湧いた。 現代風の訳詩もつき、わかりやすい解説もある。 「こんな背景、こんな意味だったんだ」と目からウロコでした。 好きな和歌をいくつか 瀬を早み 岩にせかるる 滝川の われて...
未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)
カテゴリ: 本・雑誌 90 users
marubeg marubeg  人口減少によって起きうる可能性を一覧化した「人口減少カレンダー」だけでも一見の価値あり。統計データを元に様々な未来予測が記されており、ただただ圧倒される。処方箋に関してはページ数にも影響されてか、物足りず。こちらはamazonレビューにも記載があったが、他の書籍を参考にする方が良い。
数学の言葉で世界を見たら 父から娘に贈る数学
カテゴリ: 本・雑誌 / 科学・テクノロジー 85 users
yuichisakamoto yuichisakamoto  最後の方は少し駆け足っぽいが、かなりいい本。一章ずつきちんと理解して再読したい。
卒業式まで死にません―女子高生南条あやの日記 (新潮文庫)
カテゴリ: 本・雑誌 / エッセー・随筆 43 users
identifiablereplica identifiablereplica  再読しようとおもったのだけど、もはやブログで全文読むことにした。この本にあるのは最後の四半年くらいだから。 http://web.archive.org/web/20030805163430/http://nanjouaya.com:80/hogoshitsu/memory/diary_top.html 彼女の日記を読むためのフォルダがブックマークに追加されました。 いつ死ななきゃならないような...
短歌ください (角川文庫)
カテゴリ: 本・雑誌 / 詩歌 14 users
identifiablereplica identifiablereplica  世界に息詰まってるひとに、読んでほしい。新しい世界があるから。 短歌って素晴らしいと思った。あたらしい世界がある。ビートニク文学に感じた、かつて感じた、新しい言葉がちゃんと溢れてる。ビートニクみたいに、テキトーなこともなくて、信頼できる精度で、我慢できないほど長引く小説でもなく、要らない挿話も風...
わたしたちの田村くん (電撃文庫)
カテゴリ: 本・雑誌 / コミック・ラノベ・BL 158 users
ne13 ne13  電撃文庫1112 た-20-1 日野市立中央図書館 2005年6月25日初版 竹宮ゆゆこ『わたしたちの田村くん』メディアワークス発行/角川書店発売 発行者 久木敏行 発行所 株式会社メディアワークス 発売元 株式会社角川書店 装丁者 荻窪裕司(META+MANIERA) 印刷・製本 株式会社暁印刷 イラスト◎ヤス デザイン◎荻窪裕司(bee'...
すごい立地戦略 街は、ビジネスヒントの宝庫だった (PHPビジネス新書)
カテゴリ: 本・雑誌 / 政治 33 users
readmaster readmaster  帯の問題が一番キャッチーで面白かった。 いくつか気づきはあったが、著者は立地戦略はプロとはいえ、 商品やサービス自体は素人だと書かれているところに謙虚さを感じる。 美容院が23万あるのは驚いたので、そのあたり調べてみる。 全体的に立地戦略というところだが、 立地のネタは当然多いが、どちらかといえば、 ...
安売り王一代 私の「ドン・キホーテ」人生 (文春新書)
カテゴリ: 本・雑誌 58 users
aloha-robokon aloha-robokon  ナイトマーケットを一人で切り開いた経営者の、伝記の体をなしたビジネス書。 こうだと思うだろ。でも実はそうではなくて、こうすべきなんだ。 上記のような真っ当な話を体験談を元に語られているので、とても腑におちる。 尊敬すべき経営者だ。 下記のような判断ができる人に育ちたいものだ。 “ 仮に私が七十歳ま...
軍事大国ロシア
カテゴリ: 本・雑誌 / 社会・政治 17 users
tottori tottori  ロシアの軍事力、淳軍事組織も含めた陸海空、サイバー戦力及び軍需産業の解説本。 広範囲なテーマを扱っているせいもあり、内容は濃淡あり。 兵器など多数の写真も掲載されている。 以下、内容抜粋 1.通常戦力の劣勢を補うために、核兵器の使用が考えられている。 相互確証破壊で核兵器は使えない兵器とみなす考え...
物の怪たちの正体―怪異のルーツとあれやこれ
カテゴリ: 本・雑誌 / 文学・評論 1 users
takimasa takimasa  江戸の4大幽霊であるお岩・お菊・お露・累を紹介するだけでなくルーツも探っている。妖怪も同様で河童などは説を挙げながらストリートチルドレンではないかと推測するなどなかなか面白い。決して勝手に述べているのではなくきちんと文献を引いているので首肯できる。一点驚いたのは妖怪と幽霊を分けていること。個人的...
うねりチャート底値買い投資術―――100万円から始めて1億円を稼ぐ!
カテゴリ: 本・雑誌 / 投資・金融・会社経営 16 users
nakamasa40 nakamasa40  ◆内容(「BOOK」データベースより) 低成長下でも株で1億円を儲けた著者がはじめて明かす!1日5分、週末15分あればOK。リスクを抑えながら儲けられるシンプルな方法。 ◆目次 はじめに 第1章 株で失敗を繰り返していた私がたった5年で1億円を稼げた理由 第2章 株で億万長者になるためのルールとパターンを知る 第3章 ...
かめいち堂 COLORING BOOK おもしろ動物園 (玄光社MOOK)
カテゴリ: 本・雑誌 / アート・建築・デザイン 2 users
mizumizu mizumizu  楽しかった。 水彩で全て塗ったので少し紙との相性が気になったけど、それ以上に楽しく塗れたので、また次に他のシリーズを買って塗りたい。 塗る面積多めの可愛い絵柄を、好きな色で塗るのは癒されます。
もののあはれ (ケン・リュウ短篇傑作集2)
カテゴリ: 本・雑誌 / 文芸作品 19 users
yoghyogh yoghyogh  表題作「もののあはれ」を読み終わって、涙が溢れそうになった。
ほぼ日手帳 公式ガイドブック 2011 いっしょにいて、たのしい手帳と。
カテゴリ: 本・雑誌 / ビジネス・経済 153 users
shino-00 shino-00  6年前のほぼ日手帳ガイドブック。 6年前にどういう使い方をしていたか、カバーのラインナップも知れて良かった。 巻末の、ほぼ日の歴史がわかるマンガがわかりやすかった。
どう診る!? がん性疼痛: 二刀流の緩和ケア医が教える、病院でも在宅でも使える緩和医療薬処方のコツ (いますぐ役立つ がん患者症状カンファレンス)
カテゴリ: 本・雑誌 / 医学・薬学・看護学・歯科学 2 users
yasu_nago yasu_nago  在宅と病院の両方を経験している著者による著作。 特徴としては他書よりコストやアドヒアランスを意識しているように思う。 WHOのラダーで第1段階でのレスキュー設定の話や、経口摂取ができなくなった際の安易なフェンタニル貼付剤の使用についての警告など意外と忘れられがちなことについても書かれている。 見やすい...
十代に共感する奴はみんな嘘つき
カテゴリ: 本・雑誌 / 文学・評論 7 users
tinygarden tinygarden  十七歳の和葉が語る凝縮された奔流。陸上部男子に告白するも「まあいいよ」と気のない返答をされ激怒のち撤回。いじめられもどきな女子を強くする為の「私のこといじめていいよ」という提案。嫌がらせの対象になっても被害者に落ち込まず戸惑いを覗かせる所のリアルさ。初岡の学校以外の顔に突き抜けた。なんか、凄かった。
のうだま2 記憶力が年齢とともに衰えるなんてウソ! (幻冬舎文庫)
カテゴリ: 本・雑誌 / 倫理学・道徳 13 users
ind-hiroyuki ind-hiroyuki  『若いころも年齢を重ねても決して記憶力に違いはない』という勇気を与えてくれる書物
海賊とよばれた男(上) (講談社文庫)
カテゴリ: 本・雑誌 / 文芸作品 417 users
take1031 take1031  国岡鐵造の一生が描かれている。 良い大学にはいるも、三菱商事など大手に入社せず、 小さい会社から台湾での成功を手に入れ、独立。 独立後は、競合他社からの干渉を受け、7対1で戦う事に。 それでもめげず、 本人は「日本のため」「消費者のため」という信念を持って 利益に関係なく動く。 何度も破産の危機に直面する...
海賊とよばれた男(下) (講談社文庫)
カテゴリ: 本・雑誌 / 文芸作品 370 users
take1031 take1031  日本の戦争は石油の奪い合いによって起こされた。 日本では石油はほぼ採れず海外からの輸入に頼っている。 主にアメリカには油田が大量にあり、ロックフェラーが牛耳っている。 石油はメジャーを含め7つの会社の独占状態で、それを打ち崩すのは容易ではなかった。 それでも鐵造は、負けず独自の価値観と信念を持って立ち...
暗闘
カテゴリ: 本・雑誌 / 社会・政治 37 users
naokis naokis  【書評】『暗闘』トランプとの電撃会談の背景、親ロシア派の意味、ケミストリー : なおきのブログ 【書評】『暗闘』~日米露中四か国関係 : なおきのブログ <目次> 第一章 安倍・トランプ会談の衝撃 第二章 トランプ陣営の正体 第三章 安倍・トランプ時代の日米関係 第四章 官邸と外務省の暗闘 第五章 日露交渉...
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist