メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
読了コメント(評価4以上) - 本・雑誌  RSSフィード
BtoC向けマーケティングオートメーション CCCM入門 (NextPublishing)
カテゴリ: 本・雑誌 / ビジネス・経済 8 users
bjt96660 bjt96660  第1章 One-to-Oneマーケティングを実現するCCCM 第2章 CCCMとアドテクノロジーの連係は何をもたらすのか 第3章 One-to-Oneコミュニケーションチャネルを理解する 第4章 実践CCCM ~選定の注意点~ 第5章 実践CCCM ~運用~ 第6章 日本におけるCCCMベンダーの分類と解説 第7章 大手ITベンダーインタビュー
知らないと損する 池上彰のお金の学校 (朝日新書)
カテゴリ: 本・雑誌 / 一般・投資読み物 413 users
quazism quazism  非常にわかりやすい。知ってるつもりでもよく知らなかったことがまだまだ多くあることもわかった。インフレ、デフレ、金利、株式、社債、国債、円高、円安、FX、住宅ローン、投資、ギャンブル、とお金に関する基本的なことはほぼ網羅されている。再読も必要かも。
雑談力が上がる話し方―30秒でうちとける会話のルール
カテゴリ: 本・雑誌 / ビジネス・経済 564 users
hsot hsot  今後、より良い職場に必要なものは「コミュニケーションである」との閃きに基づき入手してみた。まとめられた概念は非常に腑に落ちる。即ち、①社会生活の中では用件を伝える会話と雑談の会話の両方が必要で、むしろ後者が円滑な信頼関係を築く、②たった30秒で自らの社会性や蓄積してきたものが判断されているといったこ...
人口と日本経済 - 長寿、イノベーション、経済成長 (中公新書)
カテゴリ: 本・雑誌 105 users
taka_kazama taka_kazama  経済学から見た人口論に関する総合的議論。寿命との関係性で考えるのは興味深い。日本では生物学的な寿命の延長が限界にきている。次は健康寿命、QOLが課題。それには膨大なプロダクトイノベーションが不可欠。先進国の経済成長を生み出すのはそうしたイノベーション。
終末のフール (集英社文庫)
カテゴリ: 本・雑誌 / 文芸作品 965 users
gogorock80 gogorock80  隕石がやってきてこの世はもうすぐ滅びてしまう。期限付きの人生を送る人々の群像劇。
虚実妖怪百物語 序 (怪BOOKS)
カテゴリ: 本・雑誌 / 文学・評論 29 users
unno_hidetoshi unno_hidetoshi  豆富小僧のようにのんびりした話かと思えばそうではなかった。これも面白い。
イスラム金融入門―世界マネーの新潮流 (幻冬舎新書)
カテゴリ: 本・雑誌 / 経済学・経済事情 91 users
nomitomo nomitomo  ​2017年1月24日に読了! 2017年55冊目。 イスラム法の規則に従った金融取引である「イスラム金融」とイスラム金融を扱う国々の状況を理解できる本。 イスラム金融を知る上で最初に読む入門書として最適の一冊。
若い読者のための世界史(上) - 原始から現代まで (中公文庫)
カテゴリ: 本・雑誌 / 世界史 108 users
defy defy  物語にちかく、難しい言葉もあまり出てこないので、楽しく読める。 ただ、著者はドイツ人ということで、話の中心はヨーロッパ。これは仕方がないが、ドイツの都市名とかは当然の前提で書かれているのは、すこしわかりにくい。 日本人向けのこういう本がほしい。
アクションリーディング 1日30分でも自分を変える"行動読書"
カテゴリ: 本・雑誌 / 人文・思想 96 users
kimkatsu kimkatsu  なんとなく読書すべきから、目的意識を持った読書スタイルへの転換 ブログにまとめました http://kimkatsu.com/post11138.html
(001)○に近い△を生きる (ポプラ新書)
カテゴリ: 本・雑誌 / 倫理学・道徳 86 users
phantasien phantasien   ○か×ではなく、○に近い△を生きる。正解ではなく「別解」を考える。  なるほどなぁと思った。今は、みんながデジタル思考に陥っている。正義か悪か、得するか損するか、許せるか許せないか、……だから、なんかギスギスした感じになってしまっている。  ○に近い△を生きるという考え方は、そんな時代をゆったりとした気...
私って、甘えてますか?
カテゴリ: 本・雑誌 / 文学・評論 3 users
kimidori kimidori  理論派女子のお悩み相談。中身はそれなりに面白いが、ブログに比べ、良くも悪くも生々しさが薄れている印象。そこは好き好きが分かれるかも。
歴史が面白くなる 東大のディープな日本史2
カテゴリ: 本・雑誌 / 日本史 63 users
m_acts1101 m_acts1101  相澤先生の「東大のディープな日本史2」、読みました。相変わらず奥が深いです。今回は、予備校の先生らしく「東大はこういうことを考える学生を採ろうとしている」という視点で書かれているところが多かったような。でも、後書きが一番印象に残った。 ・先人は<未知なる他者>に出会ったときの、最も誠...
ムーミン谷の冬 (ムーミン童話全集 5)
カテゴリ: 本・雑誌 / 文学・評論 11 users
miharu314 miharu314  図書館で冬の本特集があり借りてきたものです。 読み終わった後は、春が待ち遠しくなってしまいます。 冬の厳しさを味わったムーミンが、 少しだけ成長するお話です。
下町ロケット2 ガウディ計画
カテゴリ: 本・雑誌 / 文学・評論 233 users
nek009 nek009  下町ロケットに続いて,途中で止められなかった.一気読み. 自分が今なんのために生き何のために仕事をしているのか,刺激を与えてくれる本.
艦隊これくしょん -艦これ- 4コマコミック 吹雪、がんばります!(9) (ファミ通クリアコミックス)
カテゴリ: 本・雑誌 / コミック・ラノベ・BL 4 users
iromoku iromoku  沖波とか、当鎮守府では実装されていない艦が新登場すると切ない……(´・ω・`) 神風登場エピソードのぴょんぴょんする神風かわいい。(*´∀`*)
聖エセルドレダ女学院の殺人 (創元推理文庫)
カテゴリ: 本・雑誌 / 文芸作品 5 users
yoru-yume yoru-yume  「聖エセルドレダ女学院の殺人」ジュリー・ベリー著/ 十代の少女7人が在籍する小規模な寄宿学校で、ある日の夕食中、校長先生とその弟が突然息絶えてしまう。それぞれの事情から家族の元へ帰されたくない生徒たちは、敷地内に死体を埋め、事実を隠して学校生活を続けることにする。翌日、科学の得意なルイーズの分析に...
絵で見てわかるクラウドインフラとAPIの仕組み
カテゴリ: 本・雑誌 / コンピュータ・IT 17 users
nao-sugar nao-sugar  タイトルは簡易な印象も受けるが、かなりボリュームあります。 クラウドインフラとして、AWSとopenstackを例に挙げて解説してます。 インフラ基盤の構築の考え方がどんどん進化しているのがよくわかる
A3【エー・スリー】
カテゴリ: 本・雑誌 / 社会・政治 113 users
tanaka_tax tanaka_tax  ・ルールさえ見えなくする集団心理 ・世間受けしないものは報じないメディア ・司法さえ変えてしまう民意? 世の中を正しく見る目を養うための一冊だと思う。
会社の中はジレンマだらけ 現場マネジャー「決断」のトレーニング (光文社新書)
カテゴリ: 本・雑誌 / マネジメント・人材管理 51 users
nao-sugar nao-sugar  人事畑と、人事に関する研究、アドバイスをしているの二人の ジレンマだらかの会社、人事論。ユーザーのあるある相談内容をもとに 議論が展開されます。中身は濃いしみんなマネジメントで悩んでいる。 でも、コミュニケーションをとることで分かり合えることも多いことが再認識出来る一冊
Twitter / Facebook
488571 コミック
473056 小説
345505 図書館
311994 漫画
222261 文庫
171012 ビジネス
154030 ライトノベル
137809 自己啓発
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
サービス
関連サービス
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist