メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
読了コメント(評価4以上) - 本・雑誌  RSSフィード
子どもの本当の気持ちが見えるようになる本
カテゴリ: 本・雑誌 / 暮らし・健康・子育て 17 users
pkm_tori2525 pkm_tori2525  子供がいかに口足らずか。言葉が上手く無いせいで、本心とは違う捉え方をしていまうのは大人の方。 大人が言葉を補完して考えてあげる必要あり。
遁走状態 (新潮クレスト・ブックス)
カテゴリ: 本・雑誌 / 文学・評論 56 users
mescon mescon  ストーリーの破天荒さもさることながら、虚無感が全体的に漂う短編集。パントマイム師とセックスした女の話が非常に短いながら印象に残った。また突然意味のない単語しか話せなくなる逸話や三人の元妻に追われている男の話など。
最期の喝采 (講談社文庫)
カテゴリ: 本・雑誌 / 文芸作品 16 users
yoshio_2010 yoshio_2010  舞台俳優のトビー・フラッドははかばかしくない興行成績を残している「気に食わない下宿人」の主演俳優だ。また妻から離婚訴訟を起こされているが、未練たっぷりだ。そんな彼はブライトンでの八日間にとんでもない出来事に巻き込まれていく。別居中の妻のジェニーから、付きまとわれている男を何とかしてほしいとの依頼...
はじめての哲学的思考 (ちくまプリマー新書)
カテゴリ: 本・雑誌 / 哲学・思想 18 users
kyan88 kyan88  哲学的思考とは、物事の本質を明らかにする思考法なのだ。 科学者は、哲学的思考を併せ持つべきだ。 哲学の本領の半分ぐらいは、ニセ問題を意味のある問いへと立て直すことにある。  Q.私たち人間が生きている絶対的な理由はあるのか、ないのか?  Q.人間は、いったいどんな時に生きている意味や理由を感じることが...
話す力 (小学館新書)
カテゴリ: 本・雑誌 / ビジネス実用 27 users
nomitomo nomitomo  2017年6月29日に読了! 2017年397冊目。 キャスター歴約50年の草野仁さんが、ご自身や著名人の経験を事例に「心が伝わる話し方」について説いた本。 相手にわかりやすく伝えるという目的意識を持って努力を続けると、コミュニケーション能力はレベルアップする。 コミュニケーションで大事なことは、相手をよく知ること...
「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記
カテゴリ: 本・雑誌 / コンピュータ・IT 177 users
readmaster readmaster  ブログの作り方として技術的にこうというよりは、 こうやって作ってきたので出来るかもねーくらいで読むとよさそう。 色々と気付きは多かった。 表を読む編では、たしかにタイトルだけでも概ね炎上するかどうか 分かるのも面白いかもね。
ヨーグルトマジック
カテゴリ: 本・雑誌 / 暮らし・健康・子育て 14 users
ariadne ariadne  ヨーグルトを使ったレシピや、ヨーグルトから作れるクリーム・バター・チーズなどとそれらのレシピも載っていてとてもよかった。更にイラストが可愛くて! 見ているだけで楽しい。
徳川がつくった先進国日本 (文春文庫)
カテゴリ: 本・雑誌 / 日本史 32 users
fussan fussan  教科書では学べない江戸時代の歴史。 天下泰平の世はどのように築かれ、維持されてきたのか。 260年に及ぶ「徳川の平和」(Pax Tokugawana) の秘密を探る。 社会的な価値観の変化に影響を与えた4つの歴史的事件(ターニングポイント)を選び、時代を遡って順に解説。 時系列順に並べ直すと以下のようになる。 「内乱」...
プラ・バロック (光文社文庫)
カテゴリ: 本・雑誌 / ミステリー・サスペンス・ハードボイルド 92 users
gogorock80 gogorock80  セカンドライフみたいなポリゴン製電脳空間に殺人犯と女刑事が出会っていた、なんて、懐かしい感じの設定。
レ・コスミコミケ (1978年) (海外SFノヴェルズ)
カテゴリ: 本・雑誌 / 古書 5 users
ohba_kanari ohba_kanari  【あらすじ】 宇宙開闢をその場で体験し、惑星の誕生を目撃し、初めて陸に上がった魚であり、貝殻を創り出した軟体動物であり、最期の恐龍であったころの思い出を語るQfwfq老人の壮大なホラ話。 ・月の距離 昔、月が地球のすぐ近くにあったころ、船に脚立を立てて満月へ昇り、チーズのように醗酵した月のミルクを取って...
観光 (ハヤカワepi文庫)
カテゴリ: 本・雑誌 / 文芸作品 85 users
identifiablereplica identifiablereplica  とてもいい。どれをとってもいい作品ばかりだ。こういう作品はきっと何度読んでも満足する。悲しいというのでもハッピーエンドなのでもない。それから、タイの匂いがどの作品にも薫っている。特に一番初めに ある『ガイジン』。この作品が素晴らしい。どの作品も「ガイジン」を中心に描かれている。異邦人。「わたし」が...
カテゴリ: 本・雑誌 1 users
straora straora  <SKE48 MINA OBA Special Photo Book> 撮影/小池伸一郎 2017年 ヤングチャンピオン増刊 7月10日号『別冊ヤングチャンピオン』7月号付録
子どもの本屋、全力投球 (就職しないで生きるには 9)
カテゴリ: 本・雑誌 2 users
kodaikun kodaikun  メリーゴーランド店長 増田喜明さんのこの本も面白かった。 子ども絵本専門店を四日市の田舎で始めた。赤字続きだけど、子どもが好き、絵本が好きだからそんなに気にしない? 増田さんの行動力、熱い思いが人との出会いを生み出し、絵本の世界の巨匠たちと出会い、色んな活動を行う。いいなって素直に思う。こんな本...
敗者の嘘―アナザーフェイス〈2〉 (文春文庫)
カテゴリ: 本・雑誌 / ミステリー・サスペンス・ハードボイルド 120 users
nogamam nogamam  テレビドラマが印象的で仲村トオルさんと福君親子のイメージで話が進むので楽しく読めた。 どんでん返し連発で驚いた。新しいママ誕生かと思ったけどテツさんの春は芝さんの春ど同様にまだ遠いかも 聖子さんも相変わらずいい感じ。
QED~ventus~御霊将門 (講談社文庫)
カテゴリ: 本・雑誌 / ミステリー・サスペンス・ハードボイルド 40 users
gonta19 gonta19  2009/11/14 メトロ書店御影クラッセ店にて購入。 2017/6/25〜6/28 7年半ものの積読本。QED ventusシリーズで、今回は平将門がテーマ。関西人なので今ひとつ土地鑑もなく、作品世界に入り込みにくかったが、いつもながら興味深い説であった。シリーズ前作で登場した神山禮子が良いアクセントになっている。椹野道流さん...
使命と魂のリミット (角川文庫)
カテゴリ: 本・雑誌 / ミステリー・サスペンス・ハードボイルド 443 users
saori_u saori_u  実はという、一般っぽい人のヒダを描くのが絶妙。一気に読んでしまいました。
翼の折れた天使たち 空
カテゴリ: 本・雑誌 / 文学・評論 3 users
saori_u saori_u  ケータイ小説って浅いイメージがあったのですが面白かったです。そして普通に影響を受ける読後感でした。
神様のカルテ
カテゴリ: 本・雑誌 / 文学・評論 528 users
saori_u saori_u  最初ラノベっぽいと引いて読んでいたのですが、途中から引き込まれました。風景や自然、人間のちょっとしたしぐさ、現代の人(自分もですが)の煮え切らない感情、すべてが精妙に描かれていて、命について考えさせられました。登場人物たちのキャラも魅力的でした。
22年目の告白-私が殺人犯です- (講談社文庫)
カテゴリ: 本・雑誌 / ミステリー・サスペンス・ハードボイルド 13 users
m_acts1101 m_acts1101  これ、映画が先にあって、そのノベライズみたいですが、面白かったです。映画の予告を見て、ずっと見たいなと思っていたのだけど、どうしても時間が作れずまだ見られていません。本屋で手にして購入してから、ある意味一気に読んでしまいました。 最後の落ちは、予想できなかったかな。ただ、途中から少し見えるところ...
“It”と呼ばれた子 幼年期 (ヴィレッジブックス N ヘ 1-1)
カテゴリ: 本・雑誌 16 users
saori_u saori_u  小説や映画は救いがあるけれど現実はもっと壮絶。出来事が過去になったことを心よりうれしくおもいます。
Twitter / Facebook
509306 コミック
483547 小説
356401 図書館
321401 漫画
227903 文庫
175158 ビジネス
156402 ライトノベル
141001 自己啓発
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
サービス
関連サービス
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist